ジャックラッセルテリア サクラと、 なんちゃって黒ラブ ワーブ  何だか迷惑掛けてます。

だいじょうぶだよ、サクラ。

.

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高千穂で元気になる。

  1. 2011/09/26(月) 14:46:47|
  2. 遠出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
汚れちまったおじさんが行って正解の場所なの?ギモンの高千穂

山が深いと水が良いなと納得の高千穂でした。(高千穂に行ってきたのね僕)
長崎から同じ九州は宮崎の高千穂なんて車でスグじゃない?とお思いの方々もいらっしゃるでしょうが、やっぱ、宮崎、鹿児島は遠いんですなぁ~。 本州の山口県辺りをウロウロする方が近いんです。

今年の正月に(まだドリちゃんが居たなぁ・・・)犬三匹引き連れて太平洋からの日の出を拝みに行った(実際は観れなかったが)折に宮崎が持つ原始の鼓動?的なパワーに二人ともに魅せられて、夏にはねえ、高千穂に行かない?とリンリンからリクエストがあったのでした。 ウン、いいよと返事はしていたのだけど、超多忙に体調不良で伸ばし伸ばしにしていたのだけど、体調なんてもう不良のまま安定した状態なので、あんまり関係ないか?と僕のボコボコ車で旅に出たのでした。(リンリンの車もボコボコだよん)

僕的には厳密に言えば高千穂は二度目です。 一度八月の夜明けにバイクで「通過」したのね。おっさん二人で。
そのときも勿論高千穂観光する心算でツーリングしてたのだけど、夜明けの余りの寒さにギブして低地に逃げたので、まさしく「通過」しただけなのです。  それでも今度は防寒対策しっかりしてまた行かなくては!と思わせる場所でした。まぁ僕はノンビリ屋さんなのでそのときから10年は軽く経過してるんだけど・・・


パワーを!1




今回犬の同行としては保護犬はメンバーに預けてサクラとワーブだけのお気楽さ。 宿は無しの車中泊です。僕は気が小さいので、民宿でもゆっくり出来ないで疲れるんですね。鮎釣りとかだと一人で気楽な民宿が良いのだけど、犬二匹と我がままで超面倒なリンリンが居るので、宿泊施設系での僕の「ゆっくり」は不能となりますな。

たまにはお洒落なペンションでも・・・とかも思うけど、僕的にはそんなお洒落さに付き合うのも実際には15分程度が限界だもんね。 んな訳で定番の道の駅で寝るんだけど、最近は暗くなると何処でも満車になりますね。
朝になって散歩すると、結構犬連れが多い事に気づきます。似た様なパターンの人って多いのでしょうね。

さて、実際の僕が感じた高千穂だけど、不便さが素敵。 新幹線も高速道路も無いのが財産になりますな。
但し、夕方6時を過ぎると暗くてオロオロします。食べる所全部閉まります!
探せばコンビニとファミレス一軒ありましたけど、高千穂まで行ってファミレスメニュー見ます?ジョイフルには悪いけど。  まぁ、そういう不便さってとても新鮮で素敵だと感じた訳です。

そして冒頭でも触れた水の良さ。決して標高が飛びぬけて高い訳ではないのですが、山が深いですね。
九州の川はみんな普通に川と呼んでいるけど、少し大きな溝を皆そう呼んでいるだけで、本当の川を知る人は圧倒的少数派です。 高千穂には良い川が流れていました。

ほんと、人が容易く近づけない場所があるって大事ですね。 だってこの世界は人だけで生きてる訳じゃないし、ツインピークスじゃないけど「ボブ」も含めた純粋な邪悪も含めてアンタッチャブルなモノがある事が恐れとか憧れとか美しいとか産むんじゃなかろうか?


パワーを!2

此処で男性陣にはお得?な情報だけど、綺麗な女の子の三人連れが高千穂にはワンサカ居ますぞ。
ただ、気を付けないとイカンのは綺麗なのに何処か他所の世界に逝っちゃった系の残念系も多い感じだぞ?って事で気安くナンパなぞしようモノなら面倒くせ~目に遭う感じムンムンなのね。

至る所で木に抱きついてうっとりしてる奴やら、石をニヤニヤ撫でてる奴やら、いきなりヨガっぽく天に手をかざして覚醒する奴やらが居て、見世物としてはかなり面白くて僕もやりたくなるのだけど、やっぱりそういうのは早朝のだ~れも居ない時が良いかもなぁと思いました。

あ、でもおばさんならどうだって良いと思いますので、自由に飛んで下さいね。
言われなくてもぶっ飛んでるか・・・


12位です。 有難う御座います。

スポンサーサイト

原始の日の出は神々しいのか? その四

  1. 2011/01/09(日) 20:05:39|
  2. 遠出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

都井岬で野生馬に会ったよ。

サクラ、野生馬に会う。1


サクラ、野生馬に会う。2


サクラ、野生馬に会う。3


サクラ、野生馬に会う。4

こいつ等鼻が良いからなぁ・・・時々食べる馬肉の元って気が付いたかも・・・


無事に初詣を終えて、さぁ、どっちに行きたい?とは聞いてみるけど、少し疲れちゃったなぁ・・・そりゃそうだよね、夜明けからかなり歩いてるんですよ。

ナンか、海凄く綺麗だし、ず~っと海に居たい気分でした。
そうだ、このまま都井岬に行こうか?

サーファー天国の海を眺めながらの快適なドライブですよ。
満ち込みの潮が作る波のデカイ事! 大きいというのはただそれだけで感動しますね。
波がある所、必ず海獣の群れの様にサーファーがタイミング待ちで浮いてました。

若い人も多いのだけど、オジサン、オバサンも多くて、言葉悪いかも知れないけど、ろくに働かないで遊んで老いて行くというスタイルも、こりぁアリだなぁと思いました。

ため息出る様な美しくて長大な砂浜を挟んで幸島があります。
犬とは犬猿の仲の猿はその辺に沢山居ましたよ。 
 
都井岬から青島へ。1

都井岬ですけど、凄いですよ。 ナンもないですよ。
野生馬がいますが、多分一の谷で畠山重忠が担いだ(担げないだろうなぁ~)サイズですから小さいです。
目測で300キロ少し位ですか・・・

都井岬から青島へ。2

個人的に半島巡りは車は向かないと思います。 バイクが良いですね。
でも、車でもお勧めですよ。 

何処に馬がいるか解らないから、犬は注意した方が良いでしょうね。
誰もいないし、広いしでノビノビしちゃいますもんね。

       都井岬から青島へ。3


宮崎方面に戻ってリンリンが寄りたいというので、サンメッセ日南にも行きました。
もう大概歩いてヘロへロなのに、物凄く歩きます。

此処にはモアイ像が並んで居ますよ。ちょっと最初は笑ったけど、この雄大な海には似合う風景でした。

都井岬から青島へ。4
       都井岬から青島へ。5


そして、最後に訪れたのは、最初の目的地である青島です。
プロ野球の巨人がキャンプで参拝する場所ですね。  奴等が参拝しても無効にする様に拝んで来ました。
無情だが、早い者勝ちだよ巨人軍。 しかし、何でスポーツチームなのに「軍」なんだろか?

青島神社の見どころはなんと言っても拝殿を過ぎて右奥に進むジャングルの中の元宮ですね。
森の中は雰囲気ムンムンで何が出て来ても全然違和感なしです。

都井岬から青島へ。6

初詣という事で尋ねた宮崎でしたが、「神々しい」という事では抜けた地でした。
結局、思い起こせば今流行りのパワースポット巡りでしたね。 

これが疲れるんだけど、非常に心地良い旅でした。 
特別な場所で特別な波長を受けて、僕達も新しくなった気がします。

「また、夏にさぁ・・・」
と、早くもリンリンが計画練って居ます。
ふふん、実は僕も異論はないんだなぁ。 

11位です。 有難う御座います。



原始の日の出は神々しいのか?その3

  1. 2011/01/08(土) 05:54:42|
  2. 遠出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


昨夜は満天の星空だったでしょ? 感動したでしょ、飲みながら。
それが、今朝はどうよ。  ナンなのコレ。

僕等の初日の出はナシなの? 
ケチぃじゃないか日の出。

     見えなかった朝日1

その辺に沢山居た日の出待ちの人も波が引く様に消えて行きます。
少しくらい見えないかなぁと思いますが、無理みたいです。

おいおい、こっちはノンストップでも5時間の道を来たんだよ~。
恐らく九州の高速の最長コースを走って来たんだよ~!

見えなかった朝日2

         見えなかった朝日3


「また、来年くるっ!」
「えっ?」
「絶対くる!」
「僕の運転で?  それはどうかなぁ」

折角だから海岸に降りない?という事になり、皆で遊歩道を降ります。
な~んかクリスマスちっくな木だなぁと夜明けから思ってましたが、よ~く見ると一面に生えているのはポインセチアですね。 鉢植えしか知らなかったですけど、大きくなるんですね。

バナナとポインセチアの群生です。 南国なんだなぁ。

見えなかった朝日4


峠を降りればそこは鬼の洗濯岩。
時々一級のサラシができます。 ヒラの気配がムンムンです。
「そういえばロッド持ってきてないね?」
と言われますけど、ロッドがあれば観光どころじゃないですよ。 わざと持ってきてないの。

見えなかった朝日5
        見えなかった朝日6


鵜戸神宮で初詣。

さて、初日の出は逃げられたけど、神社は逃げないです。
ボズ家では毎年犬を連れて初詣に行きますが、犬連れは人一倍周囲に気を使います。
勝手な想像なんですけど、神話と土着信仰がごちゃ混ぜになって、それでいて凄く骨太の宮崎でなら、犬にも寛大な初詣ができるんじゃないのか?と思った訳です。

それで一番に頭に浮かんだのが青島神社なんですけど、鵜戸神宮も規模といい、ロケーションといい犬連れバッチリのプリムティブな感じがしませんか?


見えなかった朝日7

大洋に突き出た岬の先端部に位置する鵜戸神宮は、駐車場が3ヶ所程ありました。
ボズ家は一番遠い駐車場に停めて山越えコースで歩いて行きました。 
早朝でしたが、既に大勢の参拝客が来ていましたが、このコースを行く人は皆無でしたのでボズ家は相当変り者ですね。 
山を越え、参道に出て、やっとお宮っぽくなって来ました。



稲荷は悩ましいなぁ1


稲荷は悩ましいなぁ2


稲荷は悩ましいなぁ3


稲荷は悩ましいなぁ4
途中に稲荷神社もあるんだよね。気を使うよ~     

     見えなかった朝日8


普請されてまだ間がない感じの参道を行きますと、断崖から海にせり出した巨大な岩塊に白波たつ海岸と洞穴。
鵜戸神宮の本殿です。

神話、社伝は置いておくとして、成程此処は特別な場所です。

見えなかった朝日9
        見えなかった朝日10
洞穴が母性でしょうか。 
振り向けば海。  

ああ、成程と腑に落ちる。 午前中に来て良かった。 今なら役者が揃って舞台配置に就いてる訳だ。
分厚い雲に隠れて見えないけど、太陽が父だろう。  弾ける白波は受胎の儀式か。
此処はエネルギーの終着であり、再生の場ですね。  

波の破壊と浄化でこの場所は太古から今の今まで最先端に新しいです。
これ程説得力のある場所は初めてでした。

ボズ的には九州の初詣スポットのナンバーワンになりました。
間違いなくDNA揺れます。


10位です。 有難う御座います。



原始の日の出は神々しいのか?その弐

  1. 2011/01/07(金) 00:30:12|
  2. 遠出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さて、渋々再開した宮崎への旅だが、やっぱりお正月ですね。
鳥栖インターは最悪でした。 そりゃまぁ地形の問題なんだけど、高速を全部一箇所にぶつけるって考えは、鳥栖が潰れれば全部アウトな訳で、逃げ道が無いって意味じゃ失敗かもね。

大宰府天満宮近くに住んでた事ありますので、天満宮人気は良く存じて居りますぞ。
幹線道路は車びっしりで、三が日は家から車では出られなかったですもん。 ほんと、みんな大好き大宰府天満宮ですね。

今回は天満宮関係ないので、三車線の一番右を快調に行きます。
鳥栖をパスすると熊本、鹿児島方面からの対向車の渋滞が、もう笑うのを通り越して、シャレにならないレベルで詰まってます。 ず~と、車のタイヤ廻ってないもんね。  ¥1.000でも車から離れられない駐車場は高いよね。

帰りに詰まってたら、迷わずフェリーだなっ!と思いながらこちらは快調に飛ばします。
運転者はマニュアルなんで僕一人ですので、チョコチョコと充分な休憩入れながら行きました。

なんでかお腹が良く減るんですよね。
熊本北で食べた「熊本ラーメン」美味かった。

宮崎へ~1


日本の高速で歴史に残る難工事区間の人吉までを抜けるともう夜がスグそこまで来てしまいました。
トイレとか考えると高速を降りずに朝方まで何処かで寝た方が賢いのかなぁ・・・
迷うなぁ・・・

宮崎へ~2

それがですね、迷うなぁ・・・とかのんびり迷ってる間に着いちゃったんですよね、宮崎。
以前バイクで来た時の堀切峠の美しさは脳裏に焼き付いてますので、折角高速降りたのなら、朝は堀切で迎えようと思いました。 
道の駅くらいは何処かにあるでしょ?と、暗い道を行きますと、案内板が出てきました。堀切峠にあるらしい。
ラッキーじゃないか。目覚めればダイレクトに海からのご来光です。

しかし、本当に真っ暗じゃないか、宮崎!
「いやいや、多分左側はドカ~ンと海なんだよ」
と、リンリンに説明してると着きました。「道の駅フェニックス」

キャンピングカーが4台位停まって居ますし、なんだか人が一杯居ます。
よ~く見ると改造バイクやペッタンコ車も沢山停まってて、ワル~イお子様が集まって居られます。

一般の車の人は怖くて外には出られない様ですが、ボズはヤンキー好きなんです。だってカワイイんだもん。
「よっしゃ、犬連れて散歩しよう!」
バイクの空ぶかし、ブブブン合戦ど真ん中を行きますよ。 うるせ~。

族と遊ぼう!1


族と遊ぼう!2


族と遊ぼう!3


族と遊ぼう!4
少し遊んで貰ってたけどね。 アリガト、族。




「なぁ、兄ちゃん、此処は朝日って海から上がるよな?」
と聞くと、上がりますと教えて呉れます。
そうかぁ・・・やっぱり海から上がるか・・・しかし、こいつ等が朝まで居ると、うるさくて眠れないなぁ。

普段から、時々面白いのでヤンチャな奴等のバイクとか車とか見せて貰いますが、意外とお金掛かっています。
「おい、こりゃ、元車はなんぞ?」
と聞けば、「ゼファー」ですと。
ああ、聞けば判るなぁ・・・ゼファーだなぁ。
宮崎へ~3

族ももう少しオフしたいでしょうし、寝るにも少し早いし、お風呂に入りに行かないかという事で、市内まで戻ります。 市役所を越えるとなかなかの繁華街で、人もワラワラ居ます。

案外街は元気そうだし、楽しそうです。 ちょっと外れると真っ暗なので、そのコントラストが新鮮でした。
それと、宮崎人はフレンドリーです。
サウナの中でテレビ見ながら知らない人同士でワイワイ会話していますが、ちょっと他所にはない雰囲気ですね。
宮崎へ~4
よぉ~し、風呂も入ったし、後は寝るだけ。
ビールをプシュっとやって、満天の星を眺めると、風に乗ってドドドンザ~と潮の音が響きます。
本物の闇は本物の星空を見せて呉れますね。 素晴らしかったです。

幸せに眠りにつきましたが、夜中に喉が渇いて起きました。
お茶でも・・・と思ったのだけど、自販機のアイスクリームを食べた。

チョコナッツを入れられるチョコの立場はどうなんだと思うけど、美味いです。

宮崎へ~5

朝起きてみると、もう、人がいっぱいです。
そうなんだろう、朝日スポットなんでしょうね。
折角早くから来ているのだから、リンリンを起こして峠の展望所に行きます。

宮崎へ~6

くぅ~、痺れるぜ。 太平洋。
圧倒的質量の海水のうねりが海岸に軽く触れるだけで、ドドドドッと白波を高く上げる様は圧巻です。

朝一発目に見る風景としては極上でしょう。

宮崎へ~7

「凄いね・・・」
「うん、凄いね。」
「朝日って何時頃昇るの?」
「さぁ、もう昇るんじゃない?」

「・・・」

「なんか曇ってない?」
「曇ってるっちゅうたら曇ってるな・・・」

見えないって事はないわよね?

え、え? 何故その辺強く言う?
僕のせい? 違うよね。

見えるよね、朝日。
見えない?そんな訳ないじゃん・・・あるか?  のか?  ん? んん?

宮崎へ~8



10位です。 有難う御座います。



原始の日の出は神々しいのか?

  1. 2011/01/05(水) 19:28:24|
  2. 遠出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


明けましておめでとうございます。 
みなさんどんなお正月でしたでしょうか。僕はテレビ、パソコンから離れたお正月でした。
それでも観たい物はあるので、テレビ番組は録画できるだけ録画しまくっていますが、今日少し観たらもうげっそりして、これ以上観る事もないと思います。
人が作ったものをどーだらこーだら寝転がってて思うのは向いてないのだろうな。 

31日は紅白に一瞬チャンネルを合わせましたが、ちょうど桑田さんの中継をやってて、興が冷めてしまったなぁ。
僕的には幸薄いおじさんオカマとやっぱり幸薄いけど成功してるおばさんの衣装対決が良かったけどなぁ。

真面目に真っ当に選ばれて会場入りしてる出演者の心境を思えばキツイ事しとるなぁと、スグに消してしまった。特別とかズルはもう古いっすよ~。 じゃなきゃ偉大なるマンネリが良い。 
ほのぼのしたいのよ。お正月くらいは。

お天気は大荒れでしたね。 二年続けて大雪の年末年始でしたが、今年の方が、九州のダメージは大きかったですね。 それでも2日は大体落ちついたお天気で、サクラとワーブとドリちゃんを連れて大移動を掛けたのでした。
まぁ、リンリンへのサービスですよ。 僕の軽のワンボックスに毛布と枕、ドッグフードを積み込んで出発です。
これが失敗なんだか正解なんだか・・・

宮崎へ!1


宮崎へ!2


宮崎へ!3


宮崎へ!4




天気も良いし長崎道も車スカスカで快調そのものです。 前日までは通行止めでしたけど、ウソみたいです。
運転手としても気分晴れ晴れですけど、武雄を過ぎた辺りの電光掲示板に通行止めの文字が・・・
おいおい、このお天気で通行止めとはどういう事なの?

こんな所で時間潰せば宮崎なんてとんでもないっすよ。佐賀大和で降りて熊本方面にショートカットするかなぁとも思いますが、そこから宮崎までが怪しいじゃないですか。
それに余りに良いお天気だもん。暫し逡巡しましたが、金立パーキングで昼飯食べて通行止め解除を待つ事にします。  僕みたいに解除待ちの考えの人も多い筈ですから一秒でも早くパーキングに車を停めた者の勝ちです。


そうだ、宮崎に行こう。1

パーキングに入ると既に車で一杯ですので、車列をパスして出口近くの空いてるスペースに車を滑り込ませました。 ギリギリセーフ。 

まずは犬の散歩が先と犬を車から出してる間にパーキング内は車の動きが出来ない状態になりました。
金立はドッグランとかはないけど、パーキングに隣接する公園に自由に出れるんですよね。
散策には最高なんです。 それなのに何故か散歩に外に出る人は皆無に近いので、何時散歩しても大体広大な芝生の公園は貸し切りです。
そうだ、宮崎に行こう。2


先ずはリンリンが行った事がないというので、丸山遺跡がある公園でのんびりして高速道路を眺めますが、既に本線も含めて完全にマヒしてます。  車の中の人は可哀想ですよね。 数秒の巡りあわせとか判断とかで大きく労力に差がつく事がありますね。真夏にクーラー無しで27時間のフェリー待ちした事ありますけど、あれは地獄でした。今回も雪で車にカン詰めになった人が沢山居ましたが、燃料の切れ目が運命の分かれ目で、どんなに心細くきつかった事でしょうか。
そうだ、宮崎に行こう。3
そうだ、宮崎に行こう。4
 

今回の僕達も、もうアウトです。 本格的に犬を遊ばせて飯食って、昼寝しかないです。
天気は最高に良いんだから。
そうだ、宮崎に行こう。5



二時過ぎてやっと車が動き出しました。 
一時くらいならそのまま宮崎を目指す心算でしたが、遅いよなぁ、その辺でお茶を濁して家に帰るか・・・と思っていますと、「これで宮崎に行けるね!」とリンリンは大喜びです。


そうだ、宮崎に行こう。7


ええ?やっぱし行くの? 運転手の気持とかは考えない女だもんなぁ。
こりゃキツイ事になるよなぁと、動き出した車の列に並ぶのでした。
そうだ、宮崎に行こう。6



11位です。 有難う御座います。



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。