ジャックラッセルテリア サクラと、 なんちゃって黒ラブ ワーブ  何だか迷惑掛けてます。

だいじょうぶだよ、サクラ。

.

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンワン登山~大花山。

  1. 2011/03/24(木) 14:24:10|
  2. 犬と行く山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春は山が気持良いもんね。

ワンワン楢山1


ワンワン楢山2


ワンワン楢山3


ワンワン楢山4

ナンでも良いから、暗くなる前には帰るんだよ。


鳥甲(トリカブト)から大花山へ。

さて、以前宣言していました様に大花山への探検散歩です。
そもそも、なんでまたこのおっさんは犬なんか連れて山道をウロウロするんじゃ?とギモンの向きがあろうかと思いますが、純粋に海や山が好きで、犬達もそうであるなと思うからです。 

特に見通しが効かない山の中は鼻や耳が効く犬達のテンションが上がり、運動能力も存分に出せるから良いと思うのです。 勿論リード、ウンチ袋持参で行きますが、本格的な山道ではノーリードにして居ます。

保護犬も同じです。 居なくなるだろ?と心配でしょうが、僕は居なくなっても探しますので大丈夫です。
ナンという言い様?と思うかも知れませんが、そうなんだからしょうがない。

うかうかしてるとはぐれてしまう様な登山道とかで散歩をすると犬の方でも緊張するせいか、沢山の事を考える能力が伸びる様です。 その一つが人に付いて居れば安全だと信じ、共に行動する能力です。 まぁ、犬の基本中の基本って事です。

勿論今まで何回も失敗し、諦めかけてもまたやるのは本当に駄目かも知れない犬でも段々と良くなるからです。
早い奴なら数時間で、遅い奴でも半年位できちんと付いて来る様になります。

以前は犬が居なくなるとバタバタしてポスター貼って廻ったり、犬の写真を名刺大にして配ったり、警察にお世話になったりしましたが、犬の名前と携帯番号さえ首輪に付けて置けば、ロストしてから24時間以内に必ず出ます。
出なければ山の中に居るんだから探せば良いだけの話です。(暗い時間帯は見付けても逃げる奴が多いです。)

たまに飼い主が呼んでも戻って来ない犬が居ますけど、(トイプーに多い様に思う)それはその犬は戻らないでも別に困らないからです。 僕の知ってるトイプーのSちゃんは呼び戻し不能のチャンピオンでしたが、一度迷子になってヨレヨレになって飼い主に戻ってからは、ピタッと何処にも行かない犬になりました。

楽しいけれど、下手したら身が危険な山での散歩は、リードを付けての普段の散歩と同等に重要だと思って居ます。 それと山の中のワーブが凄いんです。先回りして色々教えて呉れます。 人が居るよ、或いはイノシシが居るよとか、この先は難所だとか一々戻って教えます。 サクラは僕のパートナーとしてスグ近くで行動しますが、ワーブは群れのレーダーとして機能している訳です。

この二匹の犬を見て保護犬も自分の役割を自分で見つけます。山では何も僕からは教えた事はないです。
時々名前を呼んで、確認するだけです。 


先ずは今回の道順です。

多良登山の基点である黒木へ444号を登ると、途中右に南川内へ折れる道があります。 シャクナゲ園へ行く道と言えば分かり易いか。 その道を車で登り詰めると南川内川の源流部に当たり、川に掛かる橋は車止めになって居ます。  僕は自宅から林道を走って15分以内で此処まで来ます。

山仕事の人の邪魔にならない様に車を止めてサクラ、ワーブ、ハルちゃん三匹と車止めを越えて歩き出しました。
歩き出しはコンクリートで舗装された林道で、陰気な印象の植林帯を行きますが、じき明るい道になります。
此処はどうした訳だか何時来ても風が当たってザワザワして居ます。日差しがないとかなり寒いと思います。

10分程登るとチラホラと雪が残って居ました。 この辺まではよく犬の散歩に来るのですが、此処から上は初めてになります。

大花山へ。1
色々発見があるぞ。
大花山へ。2

かなり登って、そろそろ何処かに取り付きのテープでも巻いてないか?地図の確認でもと思って居ますと、立派な案内が出ているじゃないですか。 富川側はナンもないのでその気で来たのですが、拍子抜けです。 ボチボチ登る人が居るという事なのでしょう。  案内板というのは親切ではありますが、他方探求意欲を削ぐというか、まぁ僕的には立派な奴が建ってる程面白くないです。生意気でゴメンなさい。



大花山へ。3

おうおう、これが登山道じゃ~!という道を暫く登ると急傾斜面にはロープまで張ってあるじゃないですか! 迷いっこないしっかりした道です。 面白くないなぁ・・・助かるけど。  登りより下りが助かるんですな。
しかしなぁ、こりゃ結構登る人居るのか?

大花山へ。4

途中一度ハルちゃんがギリギリアウトの岩場で泣くので担いで登った位で、コイツもまぁまぁたくましくなって来ました。
車止めから一時間十五分で着きました。 山の上って静かだなぁ。

大花山へ。5


残念ですが、頂上付近のツクシシャクナゲに蕾が付いているのは確認できませんでした。
今付いてないという事は今年は咲かないと思います。

大花山へ。6

登りでは気が付かなかったのですが、下りで経ヶ岳が確認できる地点がありましたので、一度も地図を開かないのもナンなので、線やら引いて現在地を出して確認しました。のんびり屋さんなのよ僕。


大花山へ。7

まだ山をウロウロしたかったので、そのまま2合半岳に登ろうかとも思いましたが、足が下りでプルプルしたので止めました。体重がですねぇ・・・

休憩で止まる分には空気が冷たくて気持良いですが、陽が傾くと一気に冷えそうな雰囲気です。

大花山へ。8

一昨年ふきのとうに当たってからは(戦国武将でコレで死んだ人が居た様な・・・)僕は苦手なのですが、リンリンが喜ぶので蕗味噌用に少々頂いて帰りました。

大花山へ。09

さて、左足のじん帯損傷で長いブランクがありましたが、これで一応大花山絡みの道は全部歩いたという事です。
やっとこれですっきりしました。
これからも犬達とお世話になる大事な散歩道です。 大切に楽しみたいと思います。


12位です。 有難う御座います。

スポンサーサイト

山は呼ぶのだよん。

  1. 2011/03/16(水) 19:35:15|
  2. 犬と行く山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
僕の家の犬達のカミサマは空の公園入り口にある大山神社です。 誰も来ない山の中にひっそりとあるので何故かありがた度が犬なんぞには丁度良い感じがします。此処に時々犬達と行きパンパンします。 
その大山神社の車付け横から暗い山に引き込まれた道は荒れ放題だけど、大花山へと続く登山道です。

杉、檜の植林帯を抜け、林道を越えひたすら登ると、途中雑木帯に抜けて道が不明瞭な所もありますが、多分神社の御神体だと思う大花山へは二時間切る程度で登れます。 こちらから登るのは一般にはお勧めはしませんが、まぁ今まで一回も誰にも会った事がないだけあって、これから夏までは我が家の一年分の山菜採取のコースでもあります。

山は呼ぶ1

大花山頂上付近にはツクシシャクナゲが咲きます。この花は多良山系のスターです。目立たない小さな花が多数の山の花ですが、ツクシシャクナゲは遠慮なしに大きいのに可憐で見飽きる事がない花です。やはり気候変動、中国からの大気汚染が原因でしょうか、最近立ち枯れの木も目立ちます。

滅多と人が行かない大花山のシャクナゲは何人の人が見るんだろうか?恐らく数人しか居ないでしょうな。頂上は南川内方面以外眺望は無し。そりゃ人気ないわ。お山の征服感がないモン。
僕の気分としては犬連れの「点の記」なんだけど・・・新田 次郎面白いですもんね。 子供の頃アラスカ物語読んで一週間位泣いた事あります。どうでも良いか。

山は呼ぶ2
             山は呼ぶ3




山頂から急坂を下り、右に取り付く道を行けば横峰越までの楽しい尾根道が続きます。
横峰越から先、五家原、黒木方面は人気のコースですが、此方は変人コースで通る者は居ないですが、犬連れで安全で美しく楽しいという事では最高の道です。二年前までの我が家の犬達のウキウキお散歩コースでした。

山は呼ぶ4


さて、今度の土曜日は鳥甲岳。トリカブトダケ方面から大花山に行こうと思います。 二年前に左足首のじん帯を切ってからこの辺の散歩は諦めていたが、最近ボチボチと山道を歩き出して身体も慣れて来たので、トライしてみようと思います。  

僕はとても小心者の冒険好きなので、こうやって細切れの冒険を重ねて不人気の大花山廻りのコースを全部潰す心算です。 本当は二年前に完了してた筈の事なのですが・・・
山は呼ぶ5


これが済めば南川内川疎水取り付きの道も楽しい道ですし、縦貫道も絡めてグルリと歩いて見ようと思います。
今、ドリちゃんをキーちゃんの所に預けて居るので、犬3匹引き連れて楽しい散歩になると思っています。


二年前はこの犬が居たんだよね。

山は呼ぶ6


少し気合が要る山はサクラと登った。
山は呼ぶ7
   山は呼ぶ8
           山は呼ぶ9


登った癖に降りる時はビビる奴。
山は呼ぶ10

冷たくて美味しい水は豊富です。 自然に感謝です。
山は呼ぶ11

名物の大樅にも会いに行ったなぁ・・・
       山は呼ぶ12

山は呼ぶ13



9位です。 有難う御座います。



多良岳、犬と見るオオキツネノカミソリ。

  1. 2009/08/07(金) 15:48:19|
  2. 犬と行く山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
行って来ましたよ。
多良岳のオオキツネノカミソリの花の観賞登山。

長崎、佐賀の県境をまたぐ多良山系で大人気の花です。
大群生地としては、日本で此処だけでしか見れないそうです。


            オオキツネノカミソリ               090806






みんなでお弁当持って登りましょうって事で、待ち合わせますが、一人ちょっと遅刻。
交通の便の関係で、ダンボ耳ジャックのママは別の場所で合流予定です。

なんのかんので、20分以上彼女を待たせる事になりました。
心配だなぁ~・・・

ジャックのママは一人で置いとくとマズイんだよね。



ああ、随分待たせたけど、ゴメンネ!って・・・

あちゃ~    一人で弁当食ってるやん。


      やっぱ、食ってるし!          090806

ねえ、何で食うの?って聞いたら、リュック軽い方が良いでしょ? なんですと。

前、郡岳に登った時も もうスグ頂上だと言う、暗い登山道で弁当食うって言い出して、困ったのだが、食いたい時に食わないと死にそうになるんだろうね。   少しだけ解かる。
でも、大人なら我慢しようね。





早春のマンサク、春のツクシシャクナゲ、夏のオオキツネノカミソリなどが、この山の人気です。
平日にも関わらず結構な人が山に入ってました。

山で会う人は8割は犬も好きですが、やはり1~2割は大嫌いな人も居ますので、狭い登山道での離合は邪魔にならん様に避けてやります。



福岡からの人達               090806



お昼ご飯時を少し外したので、山小屋付近の人も引いてました。
皆さん腹減ったと言う事で、お花見前にランチです。


ジャックママは、第二回目ランチです。


          山でランチ             090805




ご飯食べて一休みしてから、西野まで歩いて其処から黒木方面に下ります。

先日、下見の時より水は引いてますが、沢山の人が毎日来るので、荒れてます。
少しでも気を抜くと滑りますので、慎重に下ります。



   西野からの下り            090805





やっぱり平日に来て良かった!
僕達だけで貸切です。

満開少し過ぎ。   まぁ、綺麗です。
斜面も少し下って見上げると綺麗です。

自分の足で歩いて来ないと見れない光景です。
綺麗です。               090806


花を見た後は金泉寺まで登り返し、まったりした山の時間を満喫しました。

再建中の金泉寺ですが、山小屋の管理の方のお話ですと、9月半ば頃完成予定だそうです。
銅版葺きの屋根になるそうで、完成したらピカピカの美しい姿になる筈です。

それも、期間限定。  約、3ヶ月でカビが噴くので、輝きは無くなります。


そこで提案。
ピカピカの金泉寺を見に、10月頃登りません?

まぁ、誰も行かんでも僕は行くけど。

       金泉寺          090805



実はサクラ、右足を大怪我してますが、ガッチリテーピングして登りました。
ヨタヨタしてるから、この犬には丁度良いやと思って居たら、リズがヒートが近いのか、サクラ、メチャ元気爆発!     

傷口が開いてしまわないかヒヤヒヤでした。


サクラ元気だ。        090805


安全第一。
たっぷり時間を掛けて山を下りました。

車止めの谷川の水が素晴らしく冷たく美味い事!


ちょっとビックリしたのは、ヨーキーの雲呑が、ほぼ完璧な登山をした事。
これは発見でした。

雲呑はヨーキーでも小さい方ですし、年齢も今回参加では最年長です。
なんか、犬って凄いですよね。

         頑張ったね。         090805


オオキツネノカミソリの花は控え目なのに美しくて、案外花期も短いです。
今度の日曜くらいがラストチャンスかな?

楽しい山登りでした。
女ばかりなので、僕は小さくなってましたけど。




 12位です。  有り難う御座います。

オオキツネノカミソリ観賞登山について。

  1. 2009/08/01(土) 09:46:53|
  2. 犬と行く山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
えと、7月後半~8月前半に咲く多良岳のオオキツネノカミソリですが、今年の天候不順は度を越してますね。
何とか様子を見に行けるか?と、昨日犬2匹と金泉寺山小屋下から入山しました。

それがですね。  もう咲いてるんです。予想以上に。



オオキツネノカミソリ       0907031



一緒に行く!と言われてた人に悪いのだけど、8月6日木曜に(ゴメン平日!)犬連れ登山しようと思います。
本当は8月2日が良いのだろうけど、もう、オオキツネノカミソリ大人気! 人の多さで犬連れは無理でしょう。

それと予想以上に大雨での道の痛みが激しいです。
今の状態で登山道から水が沸いてる所もあり、五家原岳から縦走しようと云う案もありましたが、犬連れの安全上無理だと思います。


一番短い金泉寺山小屋下からの入山で、往復2時間半位で考えてます。
犬は一人一匹でお願いします。
靴は何でも良いですが、持ってるもので一番滑り難いものでお願いします。
軍手、タオル、 水筒も準備して下さいね。

一応昼頃入山で、夕方には家に帰れる感じでどうでしょうか?

判るかな?           090801

帰りは美味しい水を汲んで帰れるので、要る人は容器も準備。
それと着替えがあると良い。
山は涼しいのですが、汗かきますよ。

犬と行く郡岳。 ヨロヨロ登山篇

  1. 2009/05/07(木) 11:36:17|
  2. 犬と行く山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
楽しかった連休の最終日は、犬とお友達と、大村野岳湖を見下ろす多良山系の門番、優しい山容の郡岳に登ります。

待ち合わせは判り易さで、野岳湖のクジラのバス停です。
山の中に何故にクジラ?と思うでしょうが、野岳湖は、その昔 下流域の灌漑用水に深沢義太夫と言う人が、私財を投げ打って作った湖なのです。
その巨額な資金は、クジラ漁に拠って得たもので、今でもこの辺りから彼杵、川棚に掛けてはクジラの町なのです。

ワシの息子がやんちゃな頃、このツルンとしたバス停の屋根に登り(たぶんウケ狙い)、頭から落下して腕の骨を折った事があります。
当然頭も多少打ったので、病院でスキャンされたり、大騒ぎになった覚えがあります。
ドクターが、「喋りが、ボゥ~としてる様な・・・」と気にしましたが、この子はずっとこうですと答えたのが昨日の事のようです。



            090506の画 001


さて、一緒に登るメンバーは、 ダンボ耳ジャックママ、 タハ夫婦、 ヒカリ、ライトパパ、ママ、そんでワシ。

いつもは年齢バラバラの集まりが多いワシだが、今回は年齢が近い万年青年部で、お気楽です。
知らない人同士でも犬で繋がる人達だから大丈夫。 ほんの5~6分話せば仲良しです。

ワシは色々忘れん坊なのに、また変わった犬のオモチャを貰ってしまった。


紹介が終わって軽く説明して南登山口近くに車を停め直してから、歩き出します。

090506の画 004


ジャックママ、ライトママ、タハ父は登山向きの体。
一方、ワシ、ライトパパ、タハ母は不向き。

普通なら一時間見込めば登ってしまうのですが、倍の二時間で計算してます。  

登り出してスグ、ジャックママのペースが速い。  この人やっぱり向いて居るのです。  一人で登らせたら、ラクラク一時間切るでしょう。
楽しく登るのが目的なので、ジャックママにブレーキ掛けるのがワシの仕事になりました。


色々話ながら、ゆっくりゆっくり登りました。  殆ど休憩が目的みたいな登山です。

お陰で普段止まらない場所で、ライトパパがユウレイダケと呼ばれるギンリョウソウを発見して呉れました。  名前覚えて行った筈なのに、現場では出ませんでした。

こういう発見が山の面白い所なのです。

          090506の画 008




全体の体力を見て、余裕があるなら、尾根歩きも少し・・・と考えてましたが、下山の体力、集中力維持を考えると、頂上制覇だけで一杯いっぱいかな?と思うので、此処で満足しましょう。
歩き出しから二時間半程。  時間掛かり過ぎですが、これで良いのです。

楽しく事故無く登れば次も楽しいのです。
でも、みなさんほぼ初めてだし、犬も連れてだし、それで826メートル制覇だから褒めてやりましょう。

眺望良いですよ。

     090506の画 018



ご飯食べて、他の登山者と山の名前と位置を言い合い、楽しく頂上制覇の余韻に浸ってますと、スーパーマンの登場です。
何かこの人違うなぁ・・・と、お話してると、多良山系縦走して来たらしい。  うっ、すんげ~と思うけど、時間おかしくない?  何処かで泊まった装備ではないのだけど・・・
聞けば4時間20分で此処まで来たらしい。   多分ワシなら12時間で行けるかどうか・・・

今まで聞いた一番早い人で7時間くらいなので、タイム的には有り得ないです。   ちょっとにわかには信じ難いので、失礼を承知で、コース取り等聞きますが、本当です。

走らないと出ないタイムだなぁと思ってると、やっぱり普通に走って去って行きました。


さっきまでの「僕達良くやったよな~」的な空気は無くなり、相撲で言えば負け残り感いっぱいの郡岳頂上になりました。



仕方無いので犬を並べて写真撮ります。



090506の画 027




ご飯食べて集中力が出た所で、断崖絶壁の「坊岩」を目指します。
実は登りで寄ってそのまま西登山道で登り上がろうと計画して居たのですが、ジャックママ以外は疲労してましたので、変更したのです。

黙って降りても良いかも知れんが、折角来たのに、名所に寄らないと言うのも心残りですよね。
危険箇所も2~3箇所ありますし、坊岩自体落ちたら さようならなので、少し迷いましたが、決行します。


           090506の画 042

見てて思ったけど、やっぱり男性が高い所苦手みたいね。
まぁ、落ちなかったら問題ないです。

0904003の画 214


郡岳は多良山系の中では花が少ない方ですが、それでもヤマツツジが迎えて呉れました。
写真では判りませんが、絶壁に咲いてます。
           090506の画 045





色々痛め易いお年頃ですから、ブレーキ掛けるのがほんと、お仕事。
下りはペースが上がるのです。

早過ぎだよなぁ・・・とみなさんを観察すると、やっぱりヒザに来てるみたいです。

090506の画 050




林道に出た所で痛める可能性が少ないそのままのコースで帰りました。
ウドは好き嫌いが分かれる様ですが、芽を戴いて帰ってテンプラにしましたが、これが万人向きで美味しいでしょう。

途中ミツバの群生に出会い晩のオカズ用に頂きます。
こういうのは少しずつ頂くのが良いです。

090506の画 054




みなさん良く頑張りました。  
元気が余ってたら、近くでお茶でも・・・とも思いますが、時間も良い感じなので、解散です。

時間を掛ける事で楽しい登山になりました。
終わってみればみんなそこそこやるじゃない。

ジャックママの車まで送りながら、今登った山を見せて説明します。
みなさんこれから郡岳を見る度に、登ったよなぁ・・・と思う筈。

記憶の共有が出来て嬉しいです。

お疲れ様でした。

        090506の画 059



  7位です。 有り難う御座います。

タハ家はもう懲り々かな?と思いましたら、また行きたいと云う事です。
次はオオキツネノカミソリ見に行きますかと言いますと、皆行きたいそうです。

疲れると思考能力が落ちて言いなりです。  物を売り付けるには良いかも知れませんね。
普段の生活って余計な事考え過ぎかも知れないですね。

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。