ジャックラッセルテリア サクラと、 なんちゃって黒ラブ ワーブ  何だか迷惑掛けてます。

だいじょうぶだよ、サクラ。

.

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧果だが感謝しようね。

  1. 2011/08/23(火) 00:38:32|
  2. 4コマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いや~、青物の季節になりましたなぁ・・・

竿が折れるだろ?1


竿が折れるだろ?2


竿が折れるだろ?3


竿が折れるだろ?4

手のひらにトリプルフック貫通したまま一日釣りをして、翌日顔を洗う時にギブして病院に行ってドクターに馬鹿にされた経験があります。 痛いんだぞ。(ボズ)



おじさんは早起きです。
この頃毎日目覚めて暗い天井を眺めながら、海へ行く衝動と闘います。
夜明けのタイミングで一時間程ルアーで遊べるからです。  ああ、どうしよう・・・
行くか、行かないか・・・     それで今日は負けました。

潮が低い周期なので磯ブーツだけ準備して、短パンTシャツにキャップだけという超ライトの海舐めまくりの装備で行きました。 先日渋い状況でネリゴと遊んで貰ったので、お気楽モードです。
青物ってそんなに甘くないんだけどね。

それよりもやっぱり天気が問題です。 最近の雨は底が抜けてるというか、加減がない降り方をしますし、カミナリがですね・・・カーボンロッドは電導体なんで、野外で避雷針持って立っているのと変わんないですもんね。

タチウオちゃんやらエソ君が居るハズなので、最初からワイヤーリーダーで行きました。
やっぱ、磯からフルキャストは最高だわ!と暫く幸せジギングしましたが、どうも様子がおかしいです。

ああ、このカンジはイルカ君が近くで宴会している感じです。
期待一杯のゴールデンタイムはかすりもしないガッカリタイムになりました。

仕方ないので、エソ狙いで仕掛けを換えますが、本当にエソも居ません。 犬が好きなんですね。
待ってろサクラ!とネチネチやりますが、ダメ。 

時々何かコツコツ来るけど、マダイの子供だと思う。 ああ、マダイでも良いけどな・・・

ダメ、やっぱり近くにイルカかスナメリがいると思う。


うう、仕方ないので磯は撤収して港内の小魚食ってるフィッシュイーター狙いに切り替えます。
ここで大粒の雨がドカンと降りました。 一発でパンツまでビショビショで、裸の大将ちっくなビュジュアルになる。


ま、カミナリ鳴らないんでイイか!と、ノーテンキで投げまくると幾らか反応が良い。
お久しぶりのカマス君が釣れて、カマス千匹じゃん!と、小さいジグに変えて投げまくるが、後が続かない。
嘘だろ? カマス君が一匹で泳いでるハズないんだけどなぁ・・・

失意で投げてるとタカバがヒット。 嬉しい~! コイツは美味しいんだもん。

そんで、もうダメという豪雨の中、ジグが着底して一回シャクリで「ゴワ~ン」と懐かしい重みが。
僕が愛して止まないタコ君。 なんだ、タコ?と言う奴はタコの味を知らない奴。

活けを〆てスグは絶品なのさ。 
タコ君の凄いトコは地上戦もデキル事。 ナイフを忘れて来たので、頭?をクルンとひっくり返して昇天頂いた。
こうしないと後が大変です。逃走するわ、墨吐くわ、噛み付くわのやりたい放題がタコです。

馬鹿みたいに降る雨に打たれながら、寒さに耐え切れずココでギブです。
貧果なんだけど、旨い魚ばかりだからナンだか嬉しくなりました。

家に帰ればサクラが「魚だ!」って沸くだろうけど、コレはやれないなぁ。 犬って露骨にガッカリするんですよね。 そういう様子も見てるとカワイイんだから始末が悪い。 魚屋寄ろうかなぁ・・・

美味しいから嬉しい!


23位です。 有難う御座います。


スポンサーサイト

変わる時はいつなんだ?

  1. 2011/08/08(月) 00:49:11|
  2. 4コマ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

色々反省して大きくなったワーブなの

そこで提案だけど・・・1


そこで提案だけど・・・2


そこで提案だけど・・・3


そこで提案だけど・・・4
犬的半分コ・・・ あんまり問題ないかも知れない。


色々と考えないとイカン8月が来ました。

自分こそが偉いと信じる誰かが、制度としての民主主義を旗印に、チョー適当に地図に線を引っ張ってチュウチュウと甘い汁を吸うだけ吸って、個の世界が終わればそれまでさ!という刹那の競演にも限界が来た感がある今年の夏です。

かくいう僕も実はこの世界が良く判って居ない代表ではあるのだけど、自分の頭で考えろ!と何か切迫したモノが苛立たしげにノックし続ける音は聞こえているのです。


上手く書けないのだけどこう考えた。
勿論世界はイエスとノーだけで構成されている訳じゃなくて、むしろその中間という事で上手く行ってるのだと思う。そして僕等はその中間というものに慣らされて生きて来た訳。 あんまり慣れてしまって、考えるという事を忘れてしまった。だから、元々は苦肉の磨かれた中間であったものが、何時の瞬間からか知らないけれど、「うやむや」というものに変質したのだと思う。

そんな事はとっくの昔にみんな解っていましたが、それでも上手く行けば良いじゃないかと訳知りのオトナのふりしていたのだと思うのだけど、流石に長い年月うやむやを蓄積した結果、ナンもかんもバラバラと崩壊しだしたのが今だと思う。  勿論イエスとノーだけではないという事は重ねる。

それでもちゃんと考えて来なかった後悔があると思う。
そうなった原因はある。主因は乱暴に言ってしまうと、農耕民族の敗戦なんだと思う。



上手く書けないのである夜の事を書く事にします。

行き場のない犬、猫ってなんとかならんか? 命を繋ぐ事はできないか?とお祭り会場の片隅で二日間資金集めのフリマをしました。結果は上々で、きつかったけど楽しい二日間でした。 もうそろそろ御仕舞いの準備をして、スタッフの皆さんと感謝し合い、軽くミーティングして帰るか・・・という時に事件は起きます。

二匹の仔猫が入ったダンボールを持ったお父さんと小学校の娘さんと言った感じの親子が現れました。
僕からはダンボールしか見えなかったけど、瞬間察知して「来るな!」と両手でサインを送ったが、彼等は僕等を目指して来たのは間違いない事でした。

事情を聴くとお祭りに来て拾ってしまったとの事。 見れば僕の推定では生後10日前後です。仔猫は本当に厄介です。せめてもう少し母親に世話をさせれば全て上手く行く可能性があるものを、飼うのも勝手、産ませるのも勝手、捨てるのも勝手ではお話のスタートラインにも立てないです。

僕等は馬鹿に見えるのを承知でこうして看板まで出しているのに、一言相談呉れれば良いのに・・・と無力感で一杯になりました。  こうやって順番が違う事態に直面すると、普段偉そうな僕等は途端に全員涙目でオロオロになりました。 たった二匹の仔猫でキツイ現実に引き戻されます。

さて、現実問題として夜中も関係なしの二時間おきくらいにミルクをやり、排泄させてという事がデキルのか?という事です。そして実際その様にして飼育した経験があるのはその場では僕一人でした。  頭を抱えて僕がその夜その場で出した答えはノーでした。  ノーと言いながら何か道はないか?と考え続けました。

そして結果を言うと、僕はとても格好悪くてみんなは納得しない悪い方法だけど命を繋ぐ方向を選びました。
だからその仔猫は今生きています。 つまり、僕はイエスとノーの中間を取ったのだけど、それが「うやむや」なのか?と言われると、大声でノーと言える訳です。

考えて出した答えは例え一見「うやむや」に見えようが、その場に居た皆さんのココロにクサビがある以上、これは「うやむや」なんかと大きく違うんだという事です。


だから上手く書けないのだけど、こう考えた。
原発だって、仔猫ちゃんだって、諫早干拓貯水池の開門だって、なんやらダムだって、なんか嘘つくのが嫌なら、ちゃんと自分の頭で考えれば良い。 わかんない事は家族で話し合ってもいいじゃないか。
場合によってはきちんとイエスとかノーとか言った方がいいんじゃないか?

いちどそういうプロセスを経たものであれば、それがやっぱり中間的な一見腰抜けなものであっても、うやむやなんかじゃないと言えれば、それだけで随分とスッキリするし、積み上げるものがあっても疑心暗鬼からはサヨナラできるんじゃないかと考えた。


12位です。 有難う御座います。



難儀スパイラル

  1. 2011/08/02(火) 03:16:19|
  2. 4コマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宿題なんかも溜めるタイプです。

なんでこうなる?1


なんでこうなる?2


なんでこうなる?3


なんでこうなる?4

脂肪というのは寝てる時 定着してる訳じゃないな、こりゃ。



何時だって気が付けば手遅れなの。
今に女に食われて死ぬんだろうと半ば本気で思います。

気が付けば町内は未亡人だらけで、何か行事がある度に参加する男は僕一人です。
もう、力仕事はボズさんに・・・と決まったお話なので、抵抗さえ出来ないです。

寝ないでカンカン照りの下での労働は辛いぜ。
ブヨブヨの身体は水分過多なのか、信じられん程汗は出て、もう気持ち悪いんだか気持ちイイんだもわかんない。

寝ないで労働は駄目よ

そのまま犬達と散歩して遊んでやる。
ああ、ビール飲みたい!  幾ら日曜でも朝からやるのはマズイ気がします。

まぁ、どっちしても飲酒運転はマズイに決まってるんだけど。


寝ないで散歩か・・・

散歩から帰れば寝れると思うでしょ?
いいえ、そのまま母の所に行く。

僕の顔を見れば買い物に連れて行けとねだるので行きたい所に連れて回る。
それが終われば母は甲斐甲斐しく食事の準備に掛かる。

眠たいけど、食べます。  いや、飲まないよというのに酒がでます。
僕を家に帰さない作戦だと知っているけど、仕方ない。 山姥は実在するな。

真夜中、家に帰ります。
リンリンが何か作って待っていれば、それも食べます。

今に女に食われると思います。

ホントに何処に行っても女だらけで、日本はどうなってしまったんだろ?と思います。
彼女達、一人一人の要望は実にささやかだとは思うのだけど、そのささやかな圧力もまとまるとなかなかなモノで、こんなに割りが合わない世の中が存在するとは思ってなかったです。

女をオッパイの大きさでしか測れない馬鹿男を長い間軽蔑していたのだけど、最近それもある種正しいんじゃないかと、いや、実際羨ましい優れた思考回路だと思い当たります。

ああ、何でもイイから優しさが欲しいです。




14位です。 有難う御座います。



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。