ジャックラッセルテリア サクラと、 なんちゃって黒ラブ ワーブ  何だか迷惑掛けてます。

だいじょうぶだよ、サクラ。

.

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは帽子ですよ!と言って呉れ。

  1. 2012/04/20(金) 19:22:26|
  2. 4コマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
レプリカは材質にもこだわりたいものです。

あれはナンなんだろう1


あれはナンなんだろう2


あれはナンなんだろう3


あれはナンなんだろう4

それがまたベッタ~ンと張り付いてるんだもんなぁ。
その構造はどうなっているのか、また彼はどういうつもりなのか・・・



案外帽子が好きですが、スグに飽きます。
元々は自分に自信がない男なんで顔を少しでも隠していたいとズッポリ被って外出していましたので、その名残なんでしょうか。

だから顔を隠すと言う意味でグラサンも好きなんですけど、格好付けているみたいに見られるのが嫌なので、どうでも良い人の前だけ気にせずに付けてます。

マスクなんかは良さそうなモノだけど、苦しいから嫌いです。
基本、快楽主義者なんでキモチ悪いの嫌なんです。

だからオカモトさんの薄いゴムなんかも大嫌いです!
何の話だったっけ? 
ああ、帽子・・・
なんだ合ってるじゃん。




誰も読みたくない事は知っているが、愛する魚の事。

先日何処かの料理屋でフグを食べた人が中毒になったとニュースになっていました。
フグは命を掛けて食べるほどのモノでもないと思っていました。
でも、僕はある時期からフグをよく食べる様になっています。

案外長い事生きたので、バブルの頃「てっちり」をよく食べました。
勿論その頃は一番の若手だったので沢山食べたのだけど、只の一度も自分で支払った事はありませんでした。
「命掛けるほど美味くはないなぁ・・・」
また、目玉飛び出る程の料金を自腹で払ってまで食べるモノではないなというのが僕の感想でした。

その頃も(ずっとそうなんだろうけど)無理を言う客が居て肝を出して貰って食べていましたが、僕は幾ら勧められても固辞してました。  理屈ですよ。 毒の部位を食べるメリットは何処にもない。

前にブログで書いた記事中の魚の写真の中にフグが居ますね・・・と指摘した人がいて、よく見ているなと感心しました。  そう、僕は無駄な殺生はしません。 釣ってしまえばフグも食べます。

命取ったんだから、こっちも命掛けて当たり前だと思う様になりました。
上手く言えないのだけど、美味い不味いは関係ないんですね。(美味いんだけど。)


ヒガンフグ

ヒガンフグは多分フグの中では一番美味いと思う。 素人調理はNG。フグの調理師免許を持った人に捌いて貰って下さい。 
自分で捌いて食べれば普通に死にます。


金フグを除いて他のフグ類だけは避けて来ましたが、たぶん5~6年前から食べています。
釣りの世界では雑魚と呼ばれる魚達が愛おしいんです。それに知識を持ってちゃんと調理して食べれば雑魚は美味いんです。  だから雑魚を不味いと言う人は工夫する知恵がないんだろうと本気で思ってます。

釣りという魚の命が掛かった遊びを愛する者として、或る時から大物だけを求める事こそ邪道で、そんな心持ならば釣りは辞めた方が良いとさえ思っています。

リリースするならどんな大物であっても素手にも触れずに即リリースしますし、そういうリリースが不能であるなら全てキープして美味しく食べます。 僕は自分のルールには厳しいんですな。

食味ではボラは磯の王様ですので、釣っては面白みはない奴ですが大きい奴なら進んでキープします。


ボラとフグの刺身

ボラは大物ほど美味い。薄く削いでボラシャブも絶品。 
フグは薄く削がないと弾力で不味くなりますが、写真の奴は下手。




ベラとかコッパグレも美味しく頂きます。

磯ベラとコッパグレ
うろこは落とさず強塩で焦げ目が付くまで焼きます。 熱いのも良いけど、焼いた翌日食べるのが好き。
焼き魚は全般に冷えてからが美味いと思う。









25位です。 有難う御座います。


スポンサーサイト

<<ワイルドなリンリンちゃん。1 | BLOG TOP | ハゲに攻められる>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。