ジャックラッセルテリア サクラと、 なんちゃって黒ラブ ワーブ  何だか迷惑掛けてます。

だいじょうぶだよ、サクラ。

.

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もちっと考えよう。

  1. 2009/01/23(金) 03:30:10|
  2. 散歩する。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
サクラとワーブを走らせて居る林道で、一本森の中に伸びる小道で、気になって居たのがあったので、歩いて見ました。

入り口は狭いのですが、いざ足を踏み入れると結構良い小道が伸びてるじゃないですか。
水の音が聞こえて来ますので、進むと疎水に当たりました。


0901020の画 011

ほぼ山の稜線ラインに沿って水を流すと云うのは、結構難工事だっただろうと思うと、源流を見たくなりました。
暫く歩くと、道も良くなり、なんと立派な石垣まで現れました。
ほんと、先人はこんな事やっちゃうんだから恐れ入ります。

この道幅だから小回りの利く重機を入れての工事だったのでしょう。

   0901020の画 024


岩を削って、水を曲げて・・・

たいしたもんです。

         0901020の画 030

稲作をする場合、水を皆と共有しなければならないので、共同で水路の管理に出るのですが、今は何処でも高齢化してますので、参加する若手は鍛えられます。

必ず半分遊んでるなぁこの爺さん って奴が居るのですが、そういう人が、その後の飲み会の時に食うキノコを探して来るものです。

種類もわからん怪しい奴ばかりなのですが、びっくりするくらい旨い奴を取って来ます。
何度か見分け方を聞いた事はあるのですが、皆さんとてもいい加減な説明なので、結局何の事やらいつも判らんのです。

一番信頼出来そうな爺が言う事には、「一度死なん程度に食って見る」と云うのが、一番良い方法らしいです。  初めは冗談で言ってると思ってましたが、違いました。  自然相手のお方は時にシビアな事を普通に言いますね。

今は稲作に参加してませんので、この様な山の知識を得るのは困難になりました。
水を巡るドロドロはちょっとゴメンと思うけど、文字にはならない楽しい知識に触れられないのが惜しいですね。




日没との競争ですので、あまりウロウロしてませんが、水路沿いで見たキノコ達。
三枚目のキクラゲだけ頂いて置きました。

0901020の画 008
     0901020の画 037
  0901020の画 035






犬達はさっさと奥に進むので、少し意地悪して隠れた。
高い所の岩に腰掛けて見てると、やはりサクラが一番に血相変えて道を戻って行った。

こういう意地悪は冬の遊びの中でいつもやるので犬も慣れたものです。  どうやら、道を何回通ったか匂いで判るみたいですね。 
 
スグに戻って来て匂いを辿って見つかりました。
犬に見つけて貰うのは嬉しいですよ。


森の中なら、木に抱きついてジッとしてれば、犬には見えませんよ。

0901020の画 043




さて、水源まで確認したかったのですが、結構急いだのですが、日没でアウトになりました。
今度は朝からチャレンジしましょう。  もっと奥が深い様でした。

ライトも何も無しで、雨まで降って来ましたが、水絡みの探検の良い所は何も見えないでも、水の流れが目印で、ちゃんと帰れる所です。


0901020の画 056





やっぱし、冬場は虫もヘビも気にしないで歩けるから最高だと思ってますと、案外近くでイノシシが大声で吠えると言うか鳴くと云うか、威嚇してる感じの声なので、シマッタと思いました。

やっぱし、良い子は夜の森の中をうろついたらダメよ。


0901020の画 059






  10位です。  有難う御座います。

小学校の頃、ワルガキと山の中で迷って、やっと暗くなって家に帰り着いた時に母親が普通に、
「何処に行ってたの?早くご飯食べて寝なさい!」と言ったのを思い出しました。
死ぬか生きるかの大冒険の末に言われると、インパクトありますよ。
  
スポンサーサイト

<<計画が良いと執念も実るな。 | BLOG TOP | きっとシンプルさを受け止めるシンプルさが必要なんだ。>>

comment

きのこのこのこ~♪

  1. 2009/01/23(金) 21:57:07 |
  2. URL |
  3. joyパパ
  4. [ 編集 ]
1枚目の茸はキホウキダケで食べれませんが綺麗ですよね\(≧▽≦)丿

んが、2枚目はフクロダケの仲間のような笠の形状ですんで、もしかしたら食べれるかもですよv(`∀´v)

自分もほぼ毎日のように秋口から冬頭にかけては茸狩りいってましたが、食べれるのが多いのはやっぱりブナとかクヌギとかが多い森が比較的食べれるのは多かったですよo(^-^)o
うちのランのとこにもヒラタケが勝手にはえてます(^_^)v

落葉広葉樹林が少ない長崎は茸狩には向かないんでしょうかね…(ToT)



水路探索は世知原でやりましたが、石工の銘で『文久2年…』ってのを見つけた時にはかなりビビりました…(; ̄_ ̄)=3

そこは直壁の岩壁の10mぐらいの所をCの字にくりぬいて水路にしてました…
人力のみでやれるのはすごいです…

joyパパへ。

  1. 2009/01/24(土) 10:26:40 |
  2. URL |
  3. ボズ
  4. [ 編集 ]
お早う御座います。
ホウキダケって言うんですか?  少し食べましたよ。喉乾きますね。

そうですね、こりゃ旨そうだぞと言うのは広葉樹にしか生えませんね。 針葉樹は松くらいかな?
 
この疎水ですが、途中で道が落ちてるのに落ちた先で軽トラだと思うけどタイヤ痕を見つけたので、水源方向にも入り口があるみたいです。
何故に疎水か?と云う事を考えると、山の裏の水系から引いてる可能性大で、今から確かめに行きますよ。  予想が正しければ、トンネルも何も無しで水を一山越えさせてる訳で、考えるだけでワクワクしますね。
行って来ます。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。