ジャックラッセルテリア サクラと、 なんちゃって黒ラブ ワーブ  何だか迷惑掛けてます。

だいじょうぶだよ、サクラ。

.

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の有る日

  1. 2007/08/10(金) 00:42:37|
  2. 大好きさ、サクラ。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
連日の猛暑です。

こんな日でした。    ワシは、自転車を降りて家までの長い坂道を歩いて居た。  西大村中学校二年生のワシでした。




20070809193310.jpg

父の仕事に便利だと云うだけで、何故こんな山の中に我が家が在るのか少し不思議に思って居た。

だって、父は車に乗っているし、この山の麓には、幾らでも土地は在るでは無いか?

父は僕の母や、この僕に嫌がらせのつもりでこんな山の中に僕等を追い込んだんだ。
半ば 本気でそんな事を考えながら、この長い坂道を、登っていた。
自転車という奴は、下りは快適だが、こんな登りは、全く無用の長物だ。  重い。額からは玉の汗が噴出す。

左側に桑畑を見ながら もう少し進むと、左斜めに折れる農道が在り、
幾らか家まで近い事も有り。  僕は、専らそちらの道を、使って居た。

桑畑を過ぎると、Sのお婆さんの畑が有る。
全くの偶然なのだが、この山道沿いにポツリ ポツリと有る家は、三件続けて同じ苗字だ。

苗字が、同じなのでよく親戚か?と聞かれたものだが、全く三件とも何の繋がりも無かった。

Sのお婆さんの家は山の登りがけに、門番の家のように建って居た。




20070809193242.jpg

お婆さんは、僕の家のすぐ裏にも田んぼを持っていたが、
一番のお気に入りは、件の農道左手前に有る広い畑の様で、大体何時もこの畑に居た。

この畑のいちばん上、道路側に丸い大きな石が有った。
畑仕事の休憩にお婆さんは何時もこの石に腰掛けて居た。

そして、今日も、一仕事の後だろう。石に腰を掛けて汗を拭きながら畑を眺めて居た。
この場所は、大体僕の家までの道程の中間点だ。
「こんにちは」と、挨拶すると   声は聞こえないが、にっこり笑ってお辞儀をした。

全くのよそ者であった我が家に対して 何処かこの土地の人達はよそよそしかったが、   このお婆さんは、別で 何時も優しかった。
僕も、お婆さんが、好きだった。

それにしても暑い。 お腹も減った。
早く家に帰りたい。



20070809193336.jpg

やっと家だ。   家の裏に自転車を停める。

玄関に廻ってドアノブに手を掛けた瞬間  電気が走った。

お婆さん。  
一ヶ月前に死んだのでは無いか?

僕は、今まで登って来た道を振り返った。
空はどこまでも蒼く
遠くにモクモクと、入道雲が湧き上がって居た。
スポンサーサイト

<<どりゃ~あ~! | BLOG TOP | JRT団子>>

comment

(((゜д゜;)))

  1. 2007/08/10(金) 11:58:30 |
  2. URL |
  3. joyパパ
  4. [ 編集 ]
ゾクッとしますねぇ…(^o^;)

昼間に見る霊って怖いですね…(^_^;)

自分も明け方天草に泳ぎに行った時に、ある全焼したホテルの前を通った時に、なにやら視線を感じてそのホテルの方を見ると、やけ焦げた服を着た女性が2階の窓から見られていた時はビックリしました…

しかも何人もが消える瞬間までみちゃってました…

現れる霊って何を言いたかったのかなって考えてしまいますよね…

夏にピッタリですな

  1. 2007/08/10(金) 18:18:24 |
  2. URL |
  3. 黄色いパンダ
  4. [ 編集 ]
情景が 浮かんできます

映像で見せられるより、頭の中の想像は…
自分の知りえる世界なので…
妙にリアルです!


実は 今日…
あたしも 職場で、いきなり 見えない男の人に 後ろから話しかけられました!なんて言ったかは わからなかったけど

あまり 良くない方みたいで、それから 具合悪くて、我慢してましたが

今 職場離れたら フッと抜けました!

誰なんだろう

JOYパパへ

  1. 2007/08/10(金) 18:25:08 |
  2. URL |
  3. ボズ
  4. [ 編集 ]
ワシの母親に言わすと、婆さん畑が気に成ってチラッと降りて来たところ、坂道を歩いてくるワシを発見し、挨拶してから、収まる所に収まったんだと。

ワシはと言うと、気がついた時は「あっ」と声が出たが、会いに来てくれたんだと思うと、妙に暖かい気持ちになったもんだ。

お盆は、ワシの知り合いの鬼籍組の面々を静かに思い出す時間を作ろう。

黄色いパンダちゃんへ

  1. 2007/08/10(金) 18:44:58 |
  2. URL |
  3. ボズ
  4. [ 編集 ]
見えて居る事柄が全てでは無いが、見えない事柄にあまり心を奪われると、具合の悪い事になる。
バランスだよ パンダちゃん。

マズイ時は、とことん無視する。
誰なのかは、考えたら駄目。

  1. 2007/08/10(金) 19:05:47 |
  2. URL |
  3. ツジイ
  4. [ 編集 ]
ボズさんとおばあちゃんの心温まるお話かと思ったら!
お化けだったんですねぇ

私は直接お化けを見た事がないのですが
また~にカイザーが何もない所に向かって
(天井の隅とか、壁とか)
吠えるので、怖いです

ツジイちゃんへ

  1. 2007/08/10(金) 19:51:52 |
  2. URL |
  3. ボズ
  4. [ 編集 ]
心温まるお化けだって居るさ。

犬はさあ 色んな音が聞こえて居るからね。
低周波とか、壁と共振し易いからね。

んじゃ 無かったら何か居るね。
よ~く見てご覧 居るから。

ところで、ツジイちゃんのブログ見に来てくれる人増えたんで無い?
面白いからなぁ  ワシのイチ押しだもんね。

そーだった

  1. 2007/08/10(金) 22:12:34 |
  2. URL |
  3. 黄色いパンダ
  4. [ 編集 ]
あぁ
前も言われたんだ

霊感強い 知り合いに…

「同情しちゃダメ!あんたを連れていこうとしてる」って
「無視しなさい、強くならなきゃ、パンちゃん、本当にやばいよ」って…


ありがとう ボズ

シカトします

じゃなきゃ マジきっつい

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。