ジャックラッセルテリア サクラと、 なんちゃって黒ラブ ワーブ  何だか迷惑掛けてます。

だいじょうぶだよ、サクラ。

.

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボズ流 コアジの刺身。

  1. 2009/10/13(火) 04:04:08|
  2. 釣りに行ったよ。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
「今から釣れるのに」と爺が言う。
僕だって昨日今日のヒヨッコじゃなし、夜も十時を廻ると魚の食いが悪くなる事くらい知っているが、登校拒否の高校生と89歳の爺に挟まれて夜釣りをすると変に情が移って帰れない。


爺は波止場の電燈下に陣取って
「しまった」 とか、
「しくじった」 とか、
「持って来るのを忘れた」とか言いながら、 釣りの9割を仕掛けいじりに費やすが、たまに投げる仕掛けには元気の良いセイゴがバタバタと掛かる。

「刺し身、刺身」と言いながら波止にブリ上げると、しゃがんで長い仕掛けいじりがまた始まる。


登校拒否君は凄く頭が悪い事ばかり話すが、凄く良い奴だ。
毎日チャリで海通いらしい。


        夜の波止場

パトカーが来てライトを消して陸に上げてある船の間に潜む。
暫くするとマフラーに穴開けた二人乗りのバイクが「バババン、バババン」言わせながらやって来ると、コントみたいにピッタリ パトカーの前に出る。  まだ可愛い男の子って感じの声で、
「あ、パトカー」
と、聞えてあっさり捕まる。   少しは逃げたら良いのに・・・







さて、僕は何を釣っているかと云うと、アジゴ。   15~17センチの可愛いアジだ。
昼間サビキで釣れるのだが、そして夜でもサビキで釣れるのだが、僕は延竿で一本釣りをする。
これが非常に面白い。

ウキは犬との散歩の時拾った小さな電気ウキ。  針は山女針。 意味はない。 どんな針でも良いと思う。    

タモ網も要る。リールがない分 メイタ、セイゴ、シマイサキなどの大物はタモがないと獲れない。
それと、夜はワタリガニが泳いで来るので、それもタモでサッと掬う。


タックル一式

餌はオキアミのSかMサイズ。  小さい方が良い気がするが、大きな餌でも問題無く釣れた。
撒き餌は要らない。  むしろフグなどを呼んで面倒だ。
この釣りの絶対条件は「灯り」。
外灯廻りと云う事になる。

後は、実に道具立てはシンプルでよろしい。

大物や他のお土産も!という人は虫餌でやっても良いでしょう。



       多分これ位は釣れるかな・・・
かなりいい加減に釣ってもこれ位は釣れてしまうと思います。
理想はクーラーに水氷を作ってキンキンに冷やすと魚の鮮度バッチリです。
氷と海水を混ぜるだけです。  帰りに海水だけ抜く訳です。

写真は前回ジョイパパとサビキ釣りした時のもの。
今回は30匹程釣れたと思う。





鮮度良い奴をね!


これ位のアジなら定番の南蛮漬けが美味しい。
作り方、魚の簡単な捌き方等は、ネットで幾らでも載っているので、そちらに譲る。







小鯵から刺身を取る

ただ、刺身に取りたい場合の捌き方が、僕のは手順が少し違います。
ネットでも見当たらなかったので、参考までに紹介しときます。


まず、最初にキッチンハサミで、

       ハサミでチョキチョキ

尾びれと背びれをカットします。
背びれは少し深めにカットです。




簡単に剥げる筈。

頭をしっかり持って、背びれをカットした切り口から皮をつまんで、尾びれ側に剥いて行きます。
鮮度が良いと簡単に「ぜいご」まで取れる筈です。




       頭落とします。

両面剥いたら、頭はもう要らないので、落します。
胸ヒレの付け根から落としてしまいます。




おろして良く洗います。
頭が落ちると、写真の様に普通の文化包丁で捌いてしまえます。
かなり簡単に三枚に下せると思います。
ワタ諸共三枚にしてるので、最後に水洗いで水気を拭いて、後は刺身やカルパッチョに仕立てます。

僕はまず、刺身で頂いて、残りを庭の柚子で〆てオリーブオイルで漬け込んで、翌日はカルパッチョで頂きました。

刺身は面倒だよ~という声を良く聞きますが、僕個人の感覚では南蛮漬けにする為に油で揚げる手間と、その後のレンジ掃除、油の処理を考えると、この手順で作る刺身の方が遥かに手間も少なく早いのですけど・・・




  24位です。 有り難う御座います。




  25位です。  有り難う御座います。

ジャックラッセルテリアブログランキング
4コマ漫画ランキング
スポンサーサイト

<<秋なんだなぁ | BLOG TOP | 犬も歩けば。>>

comment

  1. 2009/10/13(火) 08:11:50 |
  2. URL |
  3. タハ母
  4. [ 編集 ]
おはようございます。

カルパッチョ食べたい。アジの南蛮食べたい。アジの塩焼きたべたい。ああ~ボズ氏家が隣ならね~
垣根越しにご飯いただけるのに・・・

タハ母さんへ。

  1. 2009/10/14(水) 08:54:12 |
  2. URL |
  3. ボズ
  4. [ 編集 ]
お早う御座います。
最近釣りがブームだそうで、ちっこい魚は何でも南蛮漬けと聞きますが、やり方次第で色々楽しめるものです。
特にカルパッチョは美味しいんだなぁ。

木っ端グロやスズメダイなんかも手間が・・・というけど、鱗を取らないで焼くと美味いんだなこれが。

こんなものどうやって食うんだ?と思えば海辺でうろついてる爺さん婆さんに聞くのが一番です。
へぇ~って事沢山ありますよ。

  1. 2009/10/14(水) 10:37:36 |
  2. URL |
  3. ダンボ耳ジャック
  4. [ 編集 ]
お久しぶりです。
連休はお出かけしましたか?
17日(土)の大島でのデモはキャンセルになりました。
出店が多くて、スペースが取れないとかで。
ロン毛のジャックは、クラブの皆から太ったと言われてます。
200g太っただけなのに・・・。

感動です!!

  1. 2009/10/14(水) 13:44:24 |
  2. URL |
  3. Oui♪
  4. [ 編集 ]
キッチンバサミを使ったお刺身の作り方、スゴく勉強になりました!!

今まで、鮮魚コーナーに売ってある「刺身用」の小アジが、安くてたくさん入っているので魅力的に感じつつも、捌くのが時間がかかるから…と、ついつい大きい真アジを選びがちだったのですが、この方法ならサクサク作れそうです!!
身も崩れにくそうですし♪

今度鮮魚コーナーに寄ったら、早速“小アジ”Getしますo(^O^*=*^O^)o ワクワク

柚子〆のカルパッチョも美味しそう…r(^ω^*)))

本当は自分で釣り上げたお魚を食すのが最高なんでしょうけどね…(*^_^;)_o/━━━━━━>゚)))≫彡 ~ ~ ~

  1. 2009/10/14(水) 23:52:41 |
  2. URL |
  3. ボズ
  4. [ 編集 ]
ダンボ耳ジャックのママさんへ。
こんばんは。

そうです200gでも太ったみたいに見えますよ。
サクラなんか2.5キロも太ったから凄いです。

見る目が肥えた人が近くに多く居るのは幸せな事ですよ。  解かってるワイ!と思ってる事注意されると、余計なお世話に思う事もあるけど、気が付かん事も時々ありますもんね。







Oui♪さんへ。
こんばんは。

旬の物は大量に出るので、値段も安いし、選ぶ事も出来る訳です。  我が家では一部犬の餌にもなります。

無理がないというのは環境にまで優しい事ですね。

この方法は大きなアジでも行けますし、これでやれないものは恐らく鮮度に問題ありますので、煮たり焼いたりに廻すのが賢明かと・・・

夕方、松原で結構釣れてますよ~!

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。