ジャックラッセルテリア サクラと、 なんちゃって黒ラブ ワーブ  何だか迷惑掛けてます。

だいじょうぶだよ、サクラ。

.

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生日のプレゼント

  1. 2009/10/22(木) 10:18:10|
  2. 4コマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
息子の誕生日だ。
息子と言っても、もう大きくて26歳になる。

僕の息子だから、当然とぼけている。  社会生活出来るギリギリラインでとぼけているが、僕もリンリンも何もしてやれないので、それでも生きて行かなければならないと思うと親からすると悲壮感も漂うが、案外世の中はとぼけた奴も必要なのか、自力で生きて行けちゃう所が不思議でもあり、感謝もして居ます。      どうかこれからも生かしてやって下さい。

僕やリンリンは誕生日がちっとも嬉しくない歳になったので、覚えて呉れてる人に「おめでとう」と言われても、通りでいきなり殴られたみたいな気持ちになる。  それでもニコニコで「ありがとう」と言える人格者で良かったですよ君達。

子供から親へプレゼントなんかする光景がテレビで流れたりするけど、僕は子供から何か貰っても嬉しくない。  むしろ「気使われた」事に対するショックが大きい。

電気あんま器とか貰った日にゃぁ 翌日から寝込みますよ。


子供の頃、一点の曇り無く嬉しかった親からのプレゼントが懐かしい。
プレゼントを貰う側にも、それに足る資質も問われるわけなんだね。




サクラ、来て!


プレゼントだ。


いいなぁ


ワーブ・・・



20位です。 有り難う御座います。




   21位です。   有り難う御座います。

ジャックラッセルテリアブログランキング
4コマ漫画ランキング
スポンサーサイト

<<悪さの元は取っちゃえ! | BLOG TOP | そりゃ怒るさ。>>

comment

  1. 2009/10/23(金) 04:09:54 |
  2. URL |
  3. 息子
  4. [ 編集 ]
おかげさまで26になりましたm(__)m

まあ20代も後半戦に突入しおめでとう言われても
正直微妙な感じ(殴られた感じまではまだない)
ここまで大きな病気もせず、丈夫な体をいただいて
父、母に感謝感謝であります。

ではではお元気で(-ω-)/

追伸
年末はいまのところ帰ろうかと思うとります。

  1. 2009/10/23(金) 07:44:55 |
  2. URL |
  3. タハ母
  4. [ 編集 ]
お誕生日おめでとうございます。息子様
日頃ご両親さまには、何かとお世話になっております。
大好きなお二人です。

ボズ氏へ私も誕生日じゃなくても何でもプレゼントは大好きです!そのへんワ~ブと同じです。たとえ人様のものだろうが幸せな気分になるので、『わ~い♪』とおどりたくなりますねえ(^^)

  1. 2009/10/23(金) 13:07:43 |
  2. URL |
  3. ボズ
  4. [ 編集 ]
息子へ。

公の場でコメント来ると思わんから、たじろぐじゃないか。 
さて、私が26歳の時はどうだったかと言うと、世界は私が廻して居たし、私中心に廻っているみたいに見えた。  所謂、のぼせた状態でした。
その状態で30歳手前まで行ってしまった。

乗り乗りの時程、細心にならなければならないですね。 しかしながら、一度切りの人生です。  26歳の秋はもう二度とない。  悔いは後からの物。

ガツンと楽しむが良いと思う。








タハ母さんへ。
こんにちは。

考えて見れば、同じ様な年頃の子が居る親同士ですな。
親の思いは、僕が若い時は鬱陶しく感じたものです。
あなたはどうでした?

今は微妙な親になってしまいました。
幸せが何だか良く判らないのだけど、それぞれの幸せな道を真っ直ぐ行って欲しいですね。

若い人よ頑張ってね。







  1. 2009/10/23(金) 18:19:53 |
  2. URL |
  3. SHIMACO
  4. [ 編集 ]
ボズさんちの若旦那、
お誕生日おめでとうございました。
丈夫な身体を両親に感謝できる、そのお気持ちに感動しました。
よい1年になりますよーに。

ボズさん、ええ坊ちゃん持たはりましたね。(^^)

SHIMACOさんへ。

  1. 2009/10/24(土) 02:20:45 |
  2. URL |
  3. ボズ
  4. [ 編集 ]
こんばんは。

有り難う御座います。 僕には過ぎた息子かも知れません。 生きて行く上ではこれから色んな事があるでしょうが、どうか本筋を捉えた人生を歩んで欲しいものだと切望します。

幸運な事に、僕には息子より若い友人も居ますが、若い人皆に望む所です。  どうか負けないで、いや、少しくらい負けたって気にしないで、立ち上がって欲しいといつも思ってます。

さて、 SHIMACOさん。  コメント入れて頂く時間がいつもと違う気がするんですが、生活パターンが変わったのですかね・・・そんな事もちょっと気になります。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。