ジャックラッセルテリア サクラと、 なんちゃって黒ラブ ワーブ  何だか迷惑掛けてます。

だいじょうぶだよ、サクラ。

.

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーちゃんテレパシー。

  1. 2009/10/26(月) 04:49:01|
  2. キーちゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
土曜、日曜はランドアークさんと組んで佐世保「春日の杜」でイベントとして譲渡会をやりました。
初日、僕は初めての場所でもあるので、時間的余裕を見て、途中犬達を散歩させてやりながら、会場に向かいました。

佐世保市内は、よさこい祭りの最中という事もあり、道の選択を間違えて、少し時間を潰してしまい、順調に現場に着いても集合時間ピッタリくらいかな?という時間配分になってしまいました。

急がないと駄目になったなぁと、信号待ちをしていると、ふと、
「Nさんの家はこの辺の筈だったなぁ・・・」

と、思い付きました。



Nさんは、M町の犬屋敷きのどうしょうもない惨状を見かねて長きに渡り通い、犬に餌を与え、犬小屋を設置し、屋敷の主を説得して来た人です。

一番酷い状態の時は三十匹以上の犬が、餌も水も、身を守る小屋もないまま、野ざらしで繋がれて居たそうですが、地元の人は勿論、保健所、警察も手が出せない状態だったらしいです。

そこに、「放って置けない」一心で乗り込んで、誰も出来なかった犬の保護を始めた人です。

今、僕が面倒見てるキーちゃんもNさんが屋敷から引き出した犬です。
Nさんから託されて二ヶ月近く経ちますので、「どうしているかな?」と思って居るに違いないと思うのです。

ええぃ、集合時間に多少遅れても構わんか?  顔でも見せて行くか?と云う気持になりました。




          そういえば・・・




とは言え、僕はNさんと話すのは電話位で、実際お会いして話した時間は数分と言った按配で、家も一度きり、夕方にDD4Dに案内されて行っただけなので、本当に行けるのか自信はありません。

まぁ、捜してみるか・・・と枝道に入り、この辺じゃ無かろうか?と、キョロキョロしてると、あっ、多分行き過ぎだ!とピンと来て、Uターンしてうろつくと見つけました。

やはり、犬屋敷から引き出して飼ってる2匹の雑種犬が目印です。

さて、来たは良いが居るだろうか?

2匹の犬に吠えられながら、呼び鈴を押します。
近くの犬の頭を撫でて居ると、ガタッと玄関のドアが開きました。





ピンポ~ン。






「こんにちは、ボズです。」
と言うと、直ぐに判って頂けました。

ただ、訪問の意味が判らんだろうから、近くを通り掛かったので、キーちゃんを見せようと寄った旨を告げました。  「今、車に乗って居るんです」と言うと、思った通り、彼女もキーちゃんに会いたかったのでしょう。   急いで外に出て来ました。


車のハッチを開け、クレートで横になってるキーちゃんを見せました。
キーちゃん、判るかなぁ・・・

     わかるかな?





実は、キーちゃんは今は僕に一番懐いているから、Nさんに会ってもピンと来ないかも知れないとも思って居たのですが、とんでもない。

今まで見た事ない喜び様でした。

そう、キーちゃんにとってはNさんは親の様な存在なのでしょう。   キーちゃんの喜ぶ声を聞いて居ると、この犬の情の深さに驚きました。

心の底から喜んでいる姿を見てると、本来この犬が求めているのは、場所でなく人なのだと。
キーちゃんは正統派の家庭犬なのだと発見しました。


Nさんはキーちゃんを見て、「綺麗になった。  痩せた。」と言いましたが、実は3㌔近く肥ったのです。  悪い毛が全部抜けてしまうと見た目がかなり小さな犬になってしまうのです。

以前、犬屋敷から出した全ての犬が、肥ったのに小さく見えるのは僕も感じて居ました。


        喜んで呉れた。






会えて喜んでいるキーちゃんとNさんを見てると、犬にはテレパシーあるなと変に確信しました。

譲渡会場に急がないと!と思ってる最中に、たまたまの信号待ちで気が変わって、Nさんの家を探すなんて、僕の行動としては突飛だと思う。

きっと、クレートの中のキーちゃんが、「近くにNさんが居る!」と、僕に教えたのだと思う。


僕はキーちゃんの顔の様な犬はあまり好きなタイプじゃなかった。  特に目が何考えてるか判らん色だ。   しかしながら、今は判る。  犬それぞれに魅力はあるものだ。 
この犬の良さが判った。



犬の運命は人と人の繋がりと信頼が決めるものだ。
保護犬は場所的に不安定な状況にあるのは否めない事実だが、信頼の上に成り立つしっかりしたレールの上に乗った犬だと言い切ろう。

僕等は、信頼に足る人にきっと必ずキーちゃん繋ぎます。と思った。
微力だが、必ず、  必ず繋ぎます。






何度も頭を下げるNさんと別れ、車を走らせます。
キーちゃん泣くんじゃないか?と心配が過ぎりますが、きっぱりと静かです。

犬って凄いです。




20位です。 有り難う御座います。




   22位です。   有り難う御座います。

ジャックラッセルテリアブログランキング
4コマ漫画ランキング

スポンサーサイト

<<みんな健康で気持ち良いです。 | BLOG TOP | 悪さの元は取っちゃえ!>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。