ジャックラッセルテリア サクラと、 なんちゃって黒ラブ ワーブ  何だか迷惑掛けてます。

だいじょうぶだよ、サクラ。

.

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ、シチメンソウ。

  1. 2009/11/13(金) 12:30:00|
  2. 遠出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

                                 潟!

写真は有明海の潟だ。

佐賀の方には失礼だが、車を運転してても、佐賀平野は通過するだけの場所です。急いでる時の佐賀って本当に広い。幾ら走っても佐賀だ。   広大な干拓地を走って思うに、初めは植えてある作物の種類を見たりして興味が行くのだが、やがて風景の単調さにやられる。

僕はこの平野の終わりの海を見てみようなんて今まで思わなかった。   行ってビックリした。要塞の様なコンクリートの堤防を犬と駈け上がると、強い北西の風に吹かれた潟の風景が目に飛び込む。

潟なんて知ってるさ。   そう思っていたが、甘かった。

溜息が出る潟。   何処までも潟。  潟 スゲーなぁ。

 



潟!!

 

犬と一緒に歩く、歩く。

圧倒的質量のコンクリートと、泥。   堤防の向こうの世界に入ると、嫌という程に広い佐賀平野も見えない。   さて、他に見えるのは・・・  湾縁の山陰と、泥のサーフェースの遥か彼方で反射したのは海か?

 

やはりコンクリートで出来た柵に潟の上を移動する時に使う板が立て掛けてあった。


             潟スキー

 

此処に来た本当の目的はシチメンソウ。  独特の赤。

存在は知ってましたが、初めて見ました。

 


シチメンソウ
               キーちゃんとシチメンソウ

オスワリをさせると、いつもの様にアマチュアカメラマンが来る。  広すぎで判らんだろうが、これで結構人が来てるんだが・・・

 それにしても何処までシチメンソウ?


モデルしてるとこ

 

 

歩く、歩く。  振り返ればコンクリートと空。  ずっと。


要塞?

僕が犬と立つ道。

グリ石とコンクリートとシチメンソウ。    ずっと。 

  
            それにしてもシチメンソウ

そして、ずっと潟。


何処まで?

参りました。


             それにしても潟


佐賀は犬禁止の場所が多いが、此処は何も書いて無かったので、オッケーなんでしょう? 違ってたらゴメンなさい。  堤防の内の公園は犬禁止の大きな看板があったけど。

シチメンソウは週末まで見頃と毎日新聞には書いてありました。
適当に佐賀空港目印に走れば着くと思う。





24位です。 有り難う御座います。




   22位です。   有り難う御座います。

ジャックラッセルテリアブログランキング
4コマ漫画ランキング
スポンサーサイト

<<想像出来なきゃね。 | BLOG TOP | 腹が減って仕方無い時ってあるよね?>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。