ジャックラッセルテリア サクラと、 なんちゃって黒ラブ ワーブ  何だか迷惑掛けてます。

だいじょうぶだよ、サクラ。

.

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おそらくは視界良好なんだろう。

  1. 2009/12/21(月) 03:40:10|
  2. 4コマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
何で怒ってる?


どうだろ?


ごもっとも


痛い。



前もどっかで触れたのだけど、長崎のFMラジオで、土曜日曜と夕方に曲の人気投票なんだろうけど、
今週のベスト20だか19だかやるんだけど、普通カウントダウンなんだけど、その番組はカウントアップするもんだから、とても都合悪いんです。 


オマケに番組の冒頭で、「第千何百何回」なんていちいちアナウンスするものだから、すべての数字が嵩む訳で、
のっけから重い訳です。

大体、この手の作りものは最後まで興味を繋ぐのが、最大の工夫なんだろうけど、そういう工夫をあっさり捨て去って、「さて、今週の第一位は・・・」とやっちゃうものだから、番組が進めば進む程に興味が無くなる訳で、
土曜日の放送の最後は、「明日は10位から・・・お楽しみに!」と言われても、一位より10位が楽しみな人ってそうそうは居ないと思うが、僕がおかしいか?



ところが、二日前にやっと気が付いたのだけど、この番組は、10分とか15分遅れて聞くと最後まで聞いてしまう仕掛けになります。
そう、今週の上位曲は既に流れた後だからです。これが気になるったら、気になる。
  
番組の最後にもう一度一位からアナウンスして呉れるので、曲は聴けないけど、結果は判る訳です。  
それでもある種の悔しさというか、システムの悪さというか、そういう不条理を押し付けられた不快感はきっちり残ります。

明日聴いた所で失われた今週の一位は永遠に聞けないシステムというのは、時の流れの厳しさを教えて呉れます。



今年も後少しで終わると言う事で、僕にとって今年はなんだったか考えたのだけど、ところが頭が働かない。
そう、平坦に見える毎日だが、確実にカウントアップされる数字と共に、出来事が多すぎるんですね。

しかしながら、これは日記ではないけれど、ある程度の時間経過と連動してこうやって書いてる訳で、時々遡って今年を総括する手掛かりは僕にはある訳です。   

数字は重なって、経験もして、進化してると良いのだけど、ただ数字が増えただけで、僕自身はどうやら後退の一年だった様に思う。見掛けが、去年と同じという事は、人間自体は一年経年劣化してる訳だから、これはマズイ。

失われた新鮮さと、重なった数字と、決して届かない過ぎた時間を悔しくも思う訳です。
あっさりどこかの部分を諦めて、思いっきり優しくなるのも良いかも知れないけれど、僕にはまだ受け入れられないです。


そう、ぶっ飛びたいです。薬物なしで。
エキセントリックで痛い感じもどうなんだ?とは思うのだけど、ぶっ飛ぶ為にはある程度必要かも知れないとまで覚悟する忘年会明けの僕なのです。





30位です。 有り難う御座います。




   27位です。   有り難う御座います。

ジャックラッセルテリアブログランキング
4コマ漫画ランキング
スポンサーサイト

<<フェルトでサクラ。 | BLOG TOP | 雪が降るたびサクラの石頭を思うのさ。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。