ジャックラッセルテリア サクラと、 なんちゃって黒ラブ ワーブ  何だか迷惑掛けてます。

だいじょうぶだよ、サクラ。

.

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご近所ジョギング天国事情。

  1. 2010/03/06(土) 04:44:00|
  2. ダイエットします?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

桜って結構咲いてます。

大島桜?


ウグイスが喧しい程にさえずって、いっきに濃密な春の空気になりました。  大島桜系だと思うんですが、長崎県大村市では、こんな感じでもう咲いてます。  ソメイヨシノもあともう少しって感じの蕾も沢山見掛けます。

物凄く飽きっぽい性格なので、色んな場所をローテーしてジョギングしてますが、なんと言ってもジョギングパラダイスと言えば此処でしょう。「池田湖」。
僕は古い人間なので、今でも池田の堤と呼んでしまいますが・・・
             池田の堤


そう、以前は稲作の農業用水として使って居たのね。 スッポンが沢山居て、シジミなんかも獲れた綺麗な堤でした。

今は水質ワルワルで見る影も無いです。 でもグルリと池を一周できる歩道が整備されてますので、何時覗いてもウォーキング、ジョギングの人が居ます。


       残念だなぁ。

まぁ人が多い所は必然的に禁止事項が多くなりますな。 もうそんな事なら安全の為に埋めてしまえと思う人も沢山居るだろうけど、今は工業用水の供給源として機能してるって訳ですよ。 
役に立ってます。




子供用の遊具がある一画には、マムシが出るぞ!の張り紙が多数。 そりゃ当然よ。この池の東側半分はその昔はアンタッチャブルな場所で、道なんか無かったもん。 それが、ドンドン開発されて、マムシの巣のど真ん中に住宅建て出したもんだから、僕なんか内心ヒヤヒヤしたの覚えてるもん。

今の人は想像出来ないかも知れないけど、昔は子供は勿論、普通の人は行っちゃいけない大事な場所ってあった訳で、それがこの池の水源である東側半分だったのね。 それが段々と開発されると、池の水もそれに比例して悪くなっちゃったのを見ると、昔の人の用心深さは尊敬に値するなぁと感心しますね。  何もマムシが居るから入っちゃダメって事じゃ無かったんですね。 だってマムシ酒作るから獲りに行くぞ!って入る分には何の違和感も無かったもん。そんな時はみんな堂々と入って行ってたもんね。
マムシってそんなに怖くないよ。

マムシ注意の張り紙だらけの一画に神社があります。
              神社がある。

実は今回初めて此処まで入った。 僕にとってはいまだにこの辺は軽々に立ち入ってはいけない場所なのです。スグ横まで住宅が押し寄せて来てますが、住んでる人には悪いけど僕の気分としては「チッ!」と思ってます。

いざ入ってみると、静かだし良い場所です。
静かだ。

まぁマムシは仕方ないとしても、池の水面は水鳥のサンクチュアリとして機能してます。 これも此処では誰も水鳥にちょっかいを出さないのでなんとか成立してるという按配です。


           鴨沢山。

さて、僕は鴨の種類に明るくないので、変わった二羽が居るなぁと、ずっと前から思ってましたが、こいつ等鴨じゃないんですね。調べててやっと解った。「オオバン」という鳥です。

ジワジワと分布を拡げてる奴ですが、去年というか、前年の冬は見なかった(僕が見なかっただけ?)し、今シーズンもずっとこの二羽だけなので、長崎では珍しい鳥なんでしょうか。
鴨程はって事よ。

綺麗な黒で格好良いんですよ。  いつごろまで居るんだろうか?  やっぱり鴨と一緒に渡るつもりなんでしょうかね?
            オオバン






さて、池を周回する歩道だが、こんな感じで綺麗でしょ? これは池の西側だけど、こんな道が出来る程スペースは無かった筈で、恐らく埋め立てて作ったんでしょうね。この辺はクヌギが沢山あって、子供の頃のクワガタ獲りのポイントでした。

この場所で、ちょっとねちっこい性格の「イトダ君」が頭をオオスズメバチに刺されたのを見た時は腰が抜けたなぁ・・・これでもか、これでもか!って、三回位刺したもんね。  そんで泣きながら振り返った「イトダ君」の顔半分が何で?って位既に腫れてて、それでまた腰抜かしたけど、子供ながらに、こりゃヘタすりゃ死ぬぞって感じて何人かで「イトダ君」を救出して、そのまま担いでイトダ家に行ったんだけど、無様に泣き喚く「イトダ君」を見て木刀持って一喝した「イトダ親父」にも三度腰を抜かした。

「イトダ君」もろとも叩き斬られると思ったもんね。 こんな性格の悪い奴助けなければ良かったと一瞬感じた良い思い出です。
走るぞ。

犬と散歩しながらゆっくり一周すれば15分位。  以前は良く犬連れで来たものですが、今は犬は遠慮してます。かなりの確率でウンコ放置してますもんね。もう他人の犬のウンコ掃除はいい加減いいでしょう。 それと犬怖い人も沢山居る訳で、ちょっと道幅がすれ違うには狭いですもんね。

テレビ見てて、古館一郎とか、なんやらマサミ(苗字調べるのが面倒臭い)が出たらそれをきっかけに気分直しに夜でも走りに来ます。  この腹筋できるベンチが良いんだよなぁ・・・ 実は去年の年末頃は10回連続は出来ない身体になってたんですね。

今は30回ワンセットで20秒休みでもうワンセット計60回。  写真撮ってたら、ジジイがじっと見るので、仕方ないのでまたやってしまって計120回。  晩頃は筋肉痛だろうなぁなんて思ってたら、腹筋はナンともないが、頭痛い。  おいおい、馬鹿は風邪引かないんじゃなかったっけ?  少し知恵が付いたという事ですかね。


                腹筋っス。





40位です。 有り難う御座います。




   33位です。   有り難う御座います。
スポンサーサイト

<<僕の中では注連縄とスピン波は連動した。 | BLOG TOP | ワーブはクサイが、ギャッビーは若草の香り>>

comment

  1. 2010/03/07(日) 13:00:05 |
  2. URL |
  3. ねこおばさん
  4. [ 編集 ]
えっ?マムシの巣だったの?
池田ん辺りはあんまり遊びに行ったこと無かったので、知らんかった。
池田の堤、うんうん、池田ん堤とか行ってましたね。私もそっちがピンとくる呼び方です。
オオバンは前からいたみたい。けっこうアチコチで出会えそうよ!
黒い体に真っ白のくちばし、カッコよいですよねぇ。

ねこおばさんへ。

  1. 2010/03/08(月) 20:27:56 |
  2. URL |
  3. ボズ
  4. [ 編集 ]
こんばんは。

昔の大人は大らかでしたね。 子供(男の子)にスッポン獲って来いとか、流石にマムシは獲って来いとは言わないけど、ヨレヨレのおっさんと、時々池田の堤に行きました。遊んでる足元から水死体出たり、池を干しての魚取りを見に行ったりと、思い出が多い場所です。

オオバンがクイナのお仲間とは勉強になりました。 ちょくちょく居るという事は、この辺でも繁殖する様になるんですかね?
鳥って、適応が良い奴と悪い奴との差が極端ですよね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。