ジャックラッセルテリア サクラと、 なんちゃって黒ラブ ワーブ  何だか迷惑掛けてます。

だいじょうぶだよ、サクラ。

.

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大島パラダイスで絶品のチヌを釣る。

  1. 2010/03/30(火) 01:02:29|
  2. 釣りに行ったよ。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

               馬込港。




僕が好きな島が西彼大島。  
今は大島大橋が架かり、誰でもお気楽に行ける島になりましたが、以前はこの港にフェリーで通ったものです。  

大島造船が目の前に迫ります。 今ではめっきり行かない港なんですが、こうやってたま~に来ると、懐かしさいっぱいで胸がジンと来ます。 花火大会の夜とか、何処か素朴な人々でこの港は埋め尽くされました。
つい最近まで「昭和」の面影が残ってる場所でした。



以前ブヒオフでも行きました元気ランドですが、僕は近くを通りかかるとか、釣りを早く切り上げた時とか、ジョギングでお邪魔してます。 走って気持ち良いという点では追随を許さない場所です。 

この広大な面積は、殆どの場合で独占です。此処で汗を流して、狸の湯に入るコースはお勧めです。  
行楽でもジョギングタイムを入れるのは凄く楽しくなりますよ。


気持ち良いよ。





そう、本題は釣りに行ったお話なのだ。

そんな素敵な西彼大島は今の季節、食べても美味しいチヌが釣れます。 僕は背負子に荷物をまとめて、磯を歩いて行きます。

秘密主義じゃないけど、場所は勘弁ですが、(本当に釣り場が荒れるんです。)そんなに心配しなくても、今の時期なら、何処でも釣れますよ。  先の写真の馬込港でもこれ位なら普通に釣れます。



皆さんウゲ~っていうけど、僕はボラが好きです。 ふつう魚は大きくなると味が落ちるものですが、ボラは大きい奴が美味いですね。但し、場所で味が大きく変わる魚ですので、水質の良い釣り場を選ぶ必要があります。



残念ですがボラが釣れなかったので、チヌを二匹キープして持って帰りました。 
チヌは一般に不味い魚ですが、大島のチヌは大丈夫です。というか、美味いです。 その身には、ほんのり良い磯の香りを持ってます。



流石に50センチを大きく越えて来ると不味くなるので、写真だけ撮って海にお帰り頂きますが、写真の大きい方のチヌで47~8センチで、なんとかセーフです。

          大きいのはバラした。




釣果自慢はどうでも良いのですが、是非、波止場のお手軽な場所でも実践して頂きたいのが、バッカンの「かさね着」です。これはゴミ出さない知恵です。

釣りに行く時はコンビニ等利用で色んな物を調達しますが、残念な事にそれらの物はゴミを沢山出します。コンビニ袋をゴミ袋にする人も居ますが、それは、まずダメダメの代表です。

その点撒き餌バッカンの二段重ねは、非常に有効です。出たゴミは全て空いたバッカンに入れて、帰りに整理します。釣りの時間は釣りに集中して、帰りの磯の清掃時には、清掃に集中すれば良い訳です。 

意外な大漁の時も活躍しますよ。
僕が実際会って、人間的にも釣技にしても「まとも」な人は皆、これ位は考えてます。
遊びの釣りで糸くず一ミリでも釣り場に捨てないのは、当たり前なのです。いまだにタバコ捨てる馬鹿がウヨウヨ居ますが、幾ら立派な事言ってもダメダメです。



僕はこういう命を取る遊びなので、釣りの時はコンビニには寄らないし、釣り餌、撒き餌の袋等は家で準備して出ますので、まず出だしの時点でゴミを出さない様にベストを尽くします。

飲まず食わず出さずが基本です。

流石に脱水は怖いので、水分補給はしますけど、この日(28日)は14時間何も口には入れませんでした。

歩きに歩くので、一番近いコンビニに行って帰るだけで、二時間掛かるという事情もあるんですけどね。

ゴミは絶対出さない。



今は昼間の干満差が大きい時期なので、昼頃になると、ゴッソリ潮が引いてしまいます。 
引けば引いたでやる事は有ります。磯には美味しい物がゴロゴロしてます。



普通なら、干潮の磯でミナやカメの手、ワカメ等調達して、荷造りして帰りますが、久しぶりで海がとても楽しいので、夕方の満ち込みまで粘る事にしました。 僕としては珍しい事です。


           ワカメだ~!




残念ながら、夕方の釣りではチヌは不発でしたが、海は満喫しました。 
不覚にも体力目一杯の釣りをしてしまったので、帰宅してからの2キロ級のチヌを二匹捌くのは無理だろうと予想されましたので、スグのオカズの為に、帰り道の途中でルアーでメバルを三匹調達しました。



本当の手抜き料理で、新鮮さが武器の塩煮にしました。 短時間で仕上げるのがキモです。 
ダシが出たスープは残します。だってワカメがあるもん。



メバル




もう一つの手抜き料理は磯ベラの塩蒸しです。 
写真でも判る様に、強く塩をしてグリルで焼きます。 ウロコは取ると、中の身が「蒸し焼き」にならないので、本当に何もしないで、洗って塩だけします。 焦げ目も強めに入れると美味いです。



塩を落としながら、中の身をほぐしながら、ビールと頂くと至福です。  良く塩を落としたウロコ部分にも意外な美味さがあります。 雑魚だからと馬鹿にしないで、丁寧に扱えば本当に美味しいです。  
いや、不味いよ~!という人は扱いが悪いだけです。




釣りをした当日の料理は非常に面倒ですが、これからの季節、大物以外は現場で強く塩をして持って帰れば、そのまま焼いてビールというパターンは良いですよ。  コッパグロ、キンギョ(アブッテカモ)等のガッカリ雑魚もこのやり方で絶品です。



間違っても磯に放り出したり、湯だった水汲みバケツに放置しない事です。 
命取るならちゃんと取りましょう。
        ベラ最高! 




メバルの塩煮のスープとワカメで味噌汁を仕立てました。 これも美味い。  
さっと湯がいて刻んで酢味噌も良いし、僕は良く絞って三杯酢が好きです。




本当の大物狙いのチヌ釣りなら、そろそろ終わりの時期ですが、まぁ、あと半月程は満喫出来る筈です。
釣果は日により、潮によりですが、是非愛情を持って安全に遊んで下さいね。 

大物狙いもそれはそれで良いです。僕も大物を狙ってます。しかし、残念ながら、大物は気まぐれです。

以前福岡のカヨイチョウ池で、タックルも組めないおばちゃんが、旦那さんがいい加減にセットして呉れたテキサスリグのワームをドボンと5メートル程キャストというより、「たたきつけ」て、

「ナンか引っ掛かったぁ」

と騒いで、旦那さんも、

「馬鹿、地球たい!」

と言って居たら、本当に何か掛かって居て、「どりゃ~!」と上げると、60センチオーバーのバスが掛かってました。   僕が20年位追い求めて居た60オーバーがそんな風に釣れたのを見たら、世界が変わる程のショックで、大物のみを追いかけるのは馬鹿馬鹿しいと思い知りました。



愛情は雑魚も最上に変えます。 勿論愛情持って大物も狙って下さい。  
そして安全に怪我無く家に帰るのが、楽しい釣りです。


         磯の香りが・・・



四コマ楽しみにしてる人ゴメン。 釣りも僕には大事な要素です。 

明日は皆さん下手糞で目も当てられないチヌとかタイの兜割りのテクニックに付いて書こうと思ってます。
出刃研いで待っときやがれ!






46位です。 有り難う御座います。




   26位です。   有り難う御座います。

ジャックラッセルテリアブログランキング
4コマ漫画ランキング
スポンサーサイト

<<チヌの兜を割ってキッチリ頂く。 | BLOG TOP | う~っ・・・弁解のチャンスもない>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。