ジャックラッセルテリア サクラと、 なんちゃって黒ラブ ワーブ  何だか迷惑掛けてます。

だいじょうぶだよ、サクラ。

.

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ、そこは自由か・・・

  1. 2010/12/20(月) 18:40:45|
  2. 4コマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サクラさぁ、服沢山持ってるじゃん。

犬服業界物申す。1


犬服業界物申す。2


犬服業界物申す。3


犬服業界物申す。4
でもね、局部が出てる自由感というかノビノビ感は羨ましい。
飼い主もやればペアルックなんでしょうけど。




夜中雨に濡れながら歩いて考えた。

みんなでエコ、エコとポイントまで付けての消費拡大までやってしまうのだから、初めてエコなる言葉を聞いた頃と比べると隔世の感は否めないのですが、その辺が消費に直結する辺りは、制度的には旧態然としてる訳で、本当は凄く拙い事ではあるんでしょうね。 

僕は個人的に肉食の機会を減らす事にしてるのですけど、本当は肉が好きで好きで堪らないのです。
それでも肉食を減らすのはエコだと思います。 エコって、もしかしたら凄く感情的なものかも知れないと最近思ってます。  生きてる牛なんか見てると、これが食肉になるのかぁ・・・と、少し可哀想だなぁと思います。

以前雌牛の世話を毎日してましたが、牛は本当に可愛いです。 普通の人は知らん事だろうけど、凄く人に懐いて愛情も細やかです。 これを殺して食えるか?と言えば、世話をしてる人間からすると絶対に無理な話で、人間ってどこまで野蛮なんだろうか?と思えるけれど、そう思いながらも焼肉美味くって仕方ないし、自分が世話してない牛ならオッケーな精神構造はこりゃ一種の欠陥なんだと思えました。 
それほど牛って可愛い。

いや、可愛い可愛くないで食う食わない言えばこれは明らかな間違いなんだけど、牛食いを止めようよとは言わないけど、回数を減らすのは、もう間違いなくエコ。
そういう諸々が嫌だとか、潔白で居たいと願うなら菜食しかないけど、突き詰めれば植物も生き物だよ~ん。

易くエコエコ言うなよと思う。 諫早干拓とか、新幹線とかそういう事をも含めての生き方、方向性の問題なのよ。



夜中にメバルを釣りに空港まで歩きました。 ガソリンを使わずできるだけ歩こう。
空港まで一キロの橋を渡ります。

橋の右手に広がる海面は昔は水上飛行機がよく飛んで居ました。 今は橋が邪魔なのか見なくなりました。
小さい頃の僕は富の原の海岸から水上飛行機の離着陸をよく眺めていたものです。 

僕の爺さんは富の原の開拓民でした。 畑を耕し、牛を飼い息子二人を育て上げました。
爺さんの家の食卓には不味い物ばかりが並んでた覚えがあります。 その時採れる野菜ばかりでした。

肉は滅多に食べなかったです。牛肉となると、恐らく年に4~5回くらいだったでしょう。
その代わり魚は良く出た。 今の時期ならメバルにアイナメ、アラカブ。

アラカブは味噌汁が定番で、メバルとアイナメは煮付けでした。
僕は魚の煮付けを綺麗に食べる名手ですが、それは爺さんの家で鍛えられたものです。

爺さんと婆さんはそれはそれは丁寧に綺麗に食べて、最期には残った骨と煮付け汁に白湯を掛けてそれを「ズズズ」と飲んで居ました。 僕はそこまでするのはなんだか格好悪く感じて嫌でしたが、それでも付き合って飲んでました。 そういう食べ方のスタイルは当時珍しい事でも何でもなくて、富の原の村では普通の事でした。

案外大村全体を見ても普通の事だったのかも知れません。
そうやって残った魚の残骸はまさに「猫またぎ」で猫も少しにおいをかいだだけで舐める事もしませんでした。
取った命は徹底的に活かし切るというしっかりした考えが根底にある食事の取り方でしたねぇ・・・



空港の橋の中間点で小雨が混じり出しました。 暖かい南風は雨を呼びます。
少し迷いましたが、暫くは小雨で持つと勝手に判断してそのまま空港まで歩きます。

それがどうも正解の様で空港に着くと小雨も止みました。
ルアーをキャストしながら魚っ気を見ますが、どうした事かな~んも居ません。

カウントダウンしたり、ルアーを交換したりで長大な石積みの護岸を移動します。
時々掛かって来るのはリリースサイズのベイビーばかりで5~6匹という所。

う~ん。北のテトラまで歩くか・・・と考えていると、いきなりのドカ雨。 おい、馬鹿、急に降るなよ~!
橋の下まで全速で戻る。  参った。リンリンに電話して迎えに来て貰うか・・・
いや、まて、エコを考えていたのだった。 エコは哲学なのだよ。

仕方ない・・・ガンガンに濡れて歩きました。 年末の夜中。
恐らくは、常識的にギョっとする事とか、みすぼらしい事ってエコです。

ズブズブにパンツまで濡れながら、そう考えました。


        犬服業界物申す。5




10位です。有難う御座います。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<<ドリちゃんは夢を持ってます。 | BLOG TOP | 寒いと悪夢を見る犬。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。