ジャックラッセルテリア サクラと、 なんちゃって黒ラブ ワーブ  何だか迷惑掛けてます。

だいじょうぶだよ、サクラ。

.

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

圧倒的優位はマズイ。

  1. 2010/11/12(金) 00:00:48|
  2. 雑記、まさに分類不可
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」に前回触れたけど、トミー・リー・ジョーンズが出た映画で妙に好きなのが「ナチュラル・ボーン・キラーズ」。  劇中で、刑務所の所長してた彼のあの胡散臭さといやらしさは最高で、それでいてなんだか根っこがいい奴っぽい感じは世界中探しても彼しか出せない味なんだろうと思うのだけど、深く優しい目をしてる彼は今では缶コーヒーのCMの仕事でしか見ないのが寂しいです。 僕個人としてはもっと悪役やって欲しいんだけど、漫画で描くより漫画っぽい、如何にもという顔が邪魔でいまふうじゃないのでしょうかねぇ。

僕は何故だか人をバンバン殺す映画が好きです。 できたら主人公も死んで欲しいです。それくらい皆死んじゃう映画が好きです。 ジャンルは問わないですが、題名に「テッド」が付くゾンビものは期待を裏切らないで大体皆さん死ぬ方向に行くので安心ですが、こういう映画ばかり観てると少しばかり変になる可能性もありますので、神経が図太くなったオジサン向きかも知れません。  

でもですよ、ネットのウィキリークスで流れる「本物」は嫌ですよ。 あれは怖い。
兵器に詳しい訳じゃないのでよくは解らないのだけど、恐らくはヘリから撃つその銃弾の破壊力の慈悲の無い事すさまじいですね。 あれじゃ逃げ場がないです。

抵抗の術もない強大な破壊力のこっち側にやられる時はやられる事を知ってる大きな恐怖が見えますよね。

トリガーだかボタンだか知らないが、圧倒的優位な空の上から恐らく圧倒的最先端のヘリで完璧に撃ちまくる映像は何かのゲームで見た様な感じなのですが、これはゲームじゃないんだよね。でも僕等は過去にハッキリと何処かで見た光景だし、え、マジかよ?と見てる僕も含めて罪は深い、多分。

思うんだけど、兵器力に差があると自然とゲリラ戦になりますよね。 昆虫なんかがそうですよね。カマキリと蝶が戦っても100パーセント勝敗は変りませんが、彼等の生き様はゲリラそのものなので、種としては負けませんね。

ゲリラ相手に勝つ訳がないんですよ。やるのならその種皆殺しが文句がないのでよろしかろうが、不可能なんだもん。だから絶対にゲリラには勝てないです。 勝てない相手を殺し続けるのも神経がやられる事なんでしょうね。

人が無抵抗にやられると凄く不条理で腹が立って来るが、もし自分が撃たれたらそれはそれで仕方ないと思います。テポドンが飛んでくるぞと騒ぎになった時も、それで死ぬのも仕方ない事だと思ったし、中国人が怒って僕を殺すのも仕方ないと思ってます。その時はその時でどうしょうもない事でしょうな。  軍事力の比較は知りませんけど、純粋に竹槍で一対一の消耗戦やったら日本は最低でも10回全滅するのは確実なんだから、どうであれ生き残りたいのなら、喧嘩はいけませんな。 まぁ、違う話だけど。



殺される~っ!


同じ殺されるんでも、配偶者に殺される人もボチボチ現実に居ますが、感情として適当ではないのだけど、僕個人として、これは微笑ましい部類に入ります。 自分の女房に殺されるんならそれは本当に仕方がないですよね。
殺され方を選べるなら先の選挙で民主に入れた時と同じ感じで一票だなぁ。

僕はリンリンに今日の晩殺されても全く微塵も悔しくないし、逆にああ、ゴメンと思うし、生き残った皆さんは御健康に長生きしてねと思いますし、リンリンは罪に問うて呉れるなよと思いますよ。

でも、他人が現実に殺されるのは嫌です。映画でバンバン殺すのは歓迎だけど、映画みたいにバンバン殺すのはダメです。ただでさえ僕の現実だって歪曲されるのだよ、君の現実は僕の現実じゃないし、何時突然終わっても何の不思議でもないのだけど、だからこそ大切にゲームや映画みたいにプツンと終わる、終わらせるのは本当にまずい事ですよね。



19位です。 有難う御座います。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

<<ドリちゃん急降下。 | BLOG TOP | 寒さが暖か味を求めるのだろうか。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。