ジャックラッセルテリア サクラと、 なんちゃって黒ラブ ワーブ  何だか迷惑掛けてます。

だいじょうぶだよ、サクラ。

.

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数は判らないけど、大きさは判るんだぞ!

  1. 2010/12/16(木) 00:59:56|
  2. 4コマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どの辺からが半分なんだろう?

どの辺からが半分なの?1


どの辺からが半分なの?2
え?えこひいき?

どの辺からが半分なの?3
いえいえ、ちゃんと考えてるんです。

どの辺からが半分なの?4
数は苦手だけど、大きさには敏感です。




犬に牛乳を飲ませて鶏の骨を食べさせる僕なりの理由。

有難い事に犬関係のお仕事してる人と沢山関わりがありますし、出来るだけ彼等のお話を謙虚に聞いて勉強もさせて頂いてます。 各自熱心にお勉強されてて偉いものだと思いますが、最近少し引っ掛かるのが、こうだと言い切ってしまうもの言いが多い人が目に付く事です。 そんな簡単に一般論に犬を押し込めて良いんですか?

犬は一匹一匹個性もありますし、何かのマニュアル本通りになる生き物ではないのですよ。
きちんと犬を見て下さいね。  ぶっちゃけますと、犬商売の方は貴方が永遠にお馬鹿さんである事を望む訳です。  ああしなさい、こうしなさい。 あれはダメですよ~、私の言う事聞いてね。
洗脳って奴です。 宗教ですよ。(ちゃんとした宗教ゴメン)だってあなたがメシのタネなんだもん。
安定的経営は継続性にありますわな。


判り難いですかね。
それじゃ、犬の飼育で「権威」と言われる人でも良く考えもせず言っているのを聴くので、判り易いほんの一例を言いましょうか。

「あのぅ・・・ボズさん。 犬に牛乳ってダメですよね・・・?」

とか、

「鶏の骨はダメなんですよね?」

って良く聞かれます。 ああ、偉い人のお客さんになる人だなぁと思います。
営業妨害も嫌なので、実を言いますと、現実の受け答えとしては、

「今までやってましたか?」

と聞いて、やっていても居なくても、

「それで良いはずですよ」

と無難に答えています。普段やらない犬に急に与えても下痢する事もあるかもねぇ・・・と思うからです。

正直言いますと、普通に考えて、犬は人間なんかよりカルシュウムが何倍も必要なんだとは判りますよね?

その必要なカルシュウムを与えないでどう育てるんですか? サプリですか?
そんな馬鹿な! 犬を飼うのがそんなに難しいなら、ペットとしてはとっくに絶滅してますよ。
人間は勝手ですよ。お手軽に飼えて丈夫で楽しいパートナーだから犬が居るんですって。

サクラもワーブも仔犬の頃から牛乳ガブガブです。 だから明らかにイイ骨格してますよ。
カルシュウムは歩留まりが悪いです。多めに与えて正解だと思ってます。余りに多いのも勿論問題ですけど、少ない時の問題の方が深刻ですよ。

ついでに言えば保護犬も骨が弱いなコイツ・・・って奴も来ます。
牛乳やりますよ。 丈夫になります。

わかりますよ。 皆さんが言いたい事って。 消化出来ないはずって。
そうね。 大事に育てられて消化機能を失った犬っていうのも存在するんでしょうね。
大事にしてあげてください。 サプリなんかもイイんじゃないでしょうか。


犬は骨が本当に大好きですね。 みんなも判ってる癖に・・・骨の形した縫い包みのオモチャまであるじゃないの。
サクラもワーブも鶏の骨バリバリ食います。死にませんねぇ・・・一遍くらい事故になって見せればイイんじゃない?ってくらい問題ないですね。  

以前シェパードで良く、鶏の大腿骨とか手羽骨を上顎にガッポリ挟めて暴れる奴は居ました。慌てモンなんです。おい、こっちに来い!と取ってやるとそのまま嬉しそうに食べてました。
要は食べ終わりまでちゃんと見て居れば良いんじゃないですか?

でも、鶏の骨に関しては小型犬ではもう少し注意してます。 人間が好む部位の骨ははねてます。
本当の事は知りませんが、如何にも事故起こしそうに見えますもん。実際事故を起こした犬は一匹も居ませんけど、バランス的に「あり得るな」という犬で冒険する必要もまた無いお話です。

大きい犬はフリーです。 時々わざわざ犬用に鶏ガラを購入して野菜と炊き込んだりもしますよ。
これは手羽とかモモが無いので、な~んも考えないで小型犬にもそのまま与えてます。

要は自分の頭で普通に考えましょうよ。
人間でもそうでしょ? 高齢の爺さんにコンニャクゼリー三食出せば事故率高いでしょ?

愛情不足にカルシュウム不足、運動不足じゃ、そんな種類の可愛がりって虐待ですよ。 問題犬になりますって。
結果は必然ですよ。 ナンも不思議な事はありません。


これを書いていたら、金太郎パパからスカイプ来ました。
金太郎は何故金太郎になったのか? 金太郎がもしも違う飼い主の下に暮らしていたら・・・
というお話になりました。

運命ですね。 金太郎は存在しなかった筈ですね。
犬を生かすのは飼い主だという事です。  必然なんですよ。



21位です。 有難う御座います。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

<<制約があるから自由もあるんだ。 | BLOG TOP | ああ、今年も逃げて行くんだな。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。