ジャックラッセルテリア サクラと、 なんちゃって黒ラブ ワーブ  何だか迷惑掛けてます。

だいじょうぶだよ、サクラ。

.

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原始の日の出は神々しいのか?その弐

  1. 2011/01/07(金) 00:30:12|
  2. 遠出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さて、渋々再開した宮崎への旅だが、やっぱりお正月ですね。
鳥栖インターは最悪でした。 そりゃまぁ地形の問題なんだけど、高速を全部一箇所にぶつけるって考えは、鳥栖が潰れれば全部アウトな訳で、逃げ道が無いって意味じゃ失敗かもね。

大宰府天満宮近くに住んでた事ありますので、天満宮人気は良く存じて居りますぞ。
幹線道路は車びっしりで、三が日は家から車では出られなかったですもん。 ほんと、みんな大好き大宰府天満宮ですね。

今回は天満宮関係ないので、三車線の一番右を快調に行きます。
鳥栖をパスすると熊本、鹿児島方面からの対向車の渋滞が、もう笑うのを通り越して、シャレにならないレベルで詰まってます。 ず~と、車のタイヤ廻ってないもんね。  ¥1.000でも車から離れられない駐車場は高いよね。

帰りに詰まってたら、迷わずフェリーだなっ!と思いながらこちらは快調に飛ばします。
運転者はマニュアルなんで僕一人ですので、チョコチョコと充分な休憩入れながら行きました。

なんでかお腹が良く減るんですよね。
熊本北で食べた「熊本ラーメン」美味かった。

宮崎へ~1


日本の高速で歴史に残る難工事区間の人吉までを抜けるともう夜がスグそこまで来てしまいました。
トイレとか考えると高速を降りずに朝方まで何処かで寝た方が賢いのかなぁ・・・
迷うなぁ・・・

宮崎へ~2

それがですね、迷うなぁ・・・とかのんびり迷ってる間に着いちゃったんですよね、宮崎。
以前バイクで来た時の堀切峠の美しさは脳裏に焼き付いてますので、折角高速降りたのなら、朝は堀切で迎えようと思いました。 
道の駅くらいは何処かにあるでしょ?と、暗い道を行きますと、案内板が出てきました。堀切峠にあるらしい。
ラッキーじゃないか。目覚めればダイレクトに海からのご来光です。

しかし、本当に真っ暗じゃないか、宮崎!
「いやいや、多分左側はドカ~ンと海なんだよ」
と、リンリンに説明してると着きました。「道の駅フェニックス」

キャンピングカーが4台位停まって居ますし、なんだか人が一杯居ます。
よ~く見ると改造バイクやペッタンコ車も沢山停まってて、ワル~イお子様が集まって居られます。

一般の車の人は怖くて外には出られない様ですが、ボズはヤンキー好きなんです。だってカワイイんだもん。
「よっしゃ、犬連れて散歩しよう!」
バイクの空ぶかし、ブブブン合戦ど真ん中を行きますよ。 うるせ~。

族と遊ぼう!1


族と遊ぼう!2


族と遊ぼう!3


族と遊ぼう!4
少し遊んで貰ってたけどね。 アリガト、族。




「なぁ、兄ちゃん、此処は朝日って海から上がるよな?」
と聞くと、上がりますと教えて呉れます。
そうかぁ・・・やっぱり海から上がるか・・・しかし、こいつ等が朝まで居ると、うるさくて眠れないなぁ。

普段から、時々面白いのでヤンチャな奴等のバイクとか車とか見せて貰いますが、意外とお金掛かっています。
「おい、こりゃ、元車はなんぞ?」
と聞けば、「ゼファー」ですと。
ああ、聞けば判るなぁ・・・ゼファーだなぁ。
宮崎へ~3

族ももう少しオフしたいでしょうし、寝るにも少し早いし、お風呂に入りに行かないかという事で、市内まで戻ります。 市役所を越えるとなかなかの繁華街で、人もワラワラ居ます。

案外街は元気そうだし、楽しそうです。 ちょっと外れると真っ暗なので、そのコントラストが新鮮でした。
それと、宮崎人はフレンドリーです。
サウナの中でテレビ見ながら知らない人同士でワイワイ会話していますが、ちょっと他所にはない雰囲気ですね。
宮崎へ~4
よぉ~し、風呂も入ったし、後は寝るだけ。
ビールをプシュっとやって、満天の星を眺めると、風に乗ってドドドンザ~と潮の音が響きます。
本物の闇は本物の星空を見せて呉れますね。 素晴らしかったです。

幸せに眠りにつきましたが、夜中に喉が渇いて起きました。
お茶でも・・・と思ったのだけど、自販機のアイスクリームを食べた。

チョコナッツを入れられるチョコの立場はどうなんだと思うけど、美味いです。

宮崎へ~5

朝起きてみると、もう、人がいっぱいです。
そうなんだろう、朝日スポットなんでしょうね。
折角早くから来ているのだから、リンリンを起こして峠の展望所に行きます。

宮崎へ~6

くぅ~、痺れるぜ。 太平洋。
圧倒的質量の海水のうねりが海岸に軽く触れるだけで、ドドドドッと白波を高く上げる様は圧巻です。

朝一発目に見る風景としては極上でしょう。

宮崎へ~7

「凄いね・・・」
「うん、凄いね。」
「朝日って何時頃昇るの?」
「さぁ、もう昇るんじゃない?」

「・・・」

「なんか曇ってない?」
「曇ってるっちゅうたら曇ってるな・・・」

見えないって事はないわよね?

え、え? 何故その辺強く言う?
僕のせい? 違うよね。

見えるよね、朝日。
見えない?そんな訳ないじゃん・・・あるか?  のか?  ん? んん?

宮崎へ~8



10位です。 有難う御座います。


スポンサーサイト

<<原始の日の出は神々しいのか?その3 | BLOG TOP | 原始の日の出は神々しいのか?>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。