ジャックラッセルテリア サクラと、 なんちゃって黒ラブ ワーブ  何だか迷惑掛けてます。

だいじょうぶだよ、サクラ。

.

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フト、疑問。

  1. 2007/10/05(金) 04:27:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
仕事を終えて家路を急ぐ。
昨日は遅くまで仕事で 犬達を、外に出さなかった。
今日は散歩に連れて行きたいものだ。

20071005032142.jpg


少しでも明るいうちにと 気もはやる。
秋の散歩は落日との競争になる。

あと、数日で完全な日没後の散歩しか出来なくなるだろう。
いまのうちに・・・


20071005032200.jpg

フト、
道路脇の彼岸花の群生に目をやって  ムクムクと疑問が湧き出す。

何故 彼らは咲くのか?

彼岸花は三倍体では無かったか?
種は存在しないのでは?
では、何故咲く?    ううっ・・判らん。

田んぼの畦などは良く草刈が行き届いて 花など咲かす時間が無いのに、
この花は花茎だけを猛スピードで 地面から生やして サッサと咲く。

葉っぱも何も無い 花だけ。
それも 「あだ花」・・・

知っている人は教えて頂戴。
本当に何で咲くのかなぁ?  こんなに無理して。




20071005032212.jpg

10日位前はこの時間に 散歩に出ても、こんな写真が撮ることが出来た。

でも、今は 大急ぎで外に連れ出しても・・・


20071005032241.jpg

この暗さ。

基本。 暗い所では写真撮らないんですが、新しい絵が無いと、なんか
締まりが悪いですよね。

此処は 森園公園です。

暗い中ゴソゴソとみなさん集まります。
いや、海風は爽やかだし、とてもすごし易くて良いのですが、
もう少し 明るいと良いのになぁ  と、思います。

最近、サクラと仲良しの「シャネル君」

20071005032305.jpg


暗い中。 サクラと走りまくりです。
トイプーも、こんなに遊ぶかな? と 思う位元気ですよ。

黙々と延々遊びます。
当然、うちの犬と 波長が合う訳です。


20071005032227.jpg

暗い公園の こんな場所で 犬の集会しているなんて誰も知るまい。
これも、寒くなったら消滅するのだろう。

今の季節のささやかな楽しみか・・・
スポンサーサイト

<<真面目な人。 | BLOG TOP | うろたえるのは辞めだ。>>

comment

彼岸花チョイメモ(・ω・)/

  1. 2007/10/05(金) 11:47:44 |
  2. URL |
  3. joyパパ
  4. [ 編集 ]
奈良時代に大陸から宝物と共に一株だけ薬として送られた彼岸花が根付き増えていったと考えられているのが今の学説でして、その一株が三倍体であったため日本には三倍体が殆どを占めるそうです(・ω・)/

ですが、大陸にある彼岸花の原種は二倍体・三倍体・四倍体と色々とあるらしいです(^-^)

そんでもちまして、当然偶倍体は種子を作りますので花が咲くということらしく、三倍体においても遺伝形質的には同じであるため花が咲くそうです


ですがこのように植えもしないのに散在する理由としましては二つありまして、土の移動(畑の土を移動したり土木工事等)をした際に根が紛れ込む場合と、もうひとつが突然変異による偶倍体の出現による種子形成からの飛散が考えられるそうです

突然変異の確率としては壱万分の壱から五万分の壱の確率で発生し、見分け方としましては通常の開花期よりも一ヶ月程早く開花したり一ヶ月遅れて開花するものが偶倍体の可能性が非常に高く、その彼岸花からは種が採取できるそうです(・ω・)/

ですが、突然変異であるが故に個体安定がしにくく常に種が採取される株は少なく、遺伝的に安定な三倍体に戻る場合が多いそうです


以上が遺伝学の教科書の倍体理論に載ってたコラム的な記事です

JOYパパへ

  1. 2007/10/05(金) 22:29:58 |
  2. URL |
  3. ボズ
  4. [ 編集 ]
こんばんは。
笑いましたよ。

昨日記事を仕上げてから、ネットで色々調べましたが、何と無く やんわり的外れで、スッキリしなかったのですが、ジョイパパの回答は、面白い!

そのまま 記事にアップしちゃいました。
多分、読者には不評でしょうが、ワシ的には、かなり 「ヒット」な記事になりました。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。