ジャックラッセルテリア サクラと、 なんちゃって黒ラブ ワーブ  何だか迷惑掛けてます。

だいじょうぶだよ、サクラ。

.

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコ放浪ラブ

  1. 2011/01/25(火) 19:29:45|
  2. 4コマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3


そりゃ、まぁ、僕だってどこまでも行きます多分。

お帰りゴン。1


お帰りゴン。2


お帰りゴン。3


お帰りゴン。4

ちなみにボズも絶倫と評判高いです。



そうそう、漫画読まないんですよね、僕。 だから下手なのかなぁ・・・と、それは置いといて。
それでも流石にゼロって事じゃなくて、子供の頃、僕の両親は僕が漫画読んでると本気で馬鹿になるんじゃないかと心配して呉れたので、読まない習慣になっただけで、勿論自分でお金を稼ぐようになってからは、自分で本当にこれはクォリティあるぜ~とか、理屈抜きに面白いとか思えば読みます。

長崎市内で地域猫活動をやってる人とお茶しながらお話してて、勿論僕は地域猫活動を推進しないといけない立場の人間なんで、不適当かも知れないけど、ふと、「じゃりんこチエ」の小鉄という猫を思い出して、猫の良さって自由にあるんだよなぁと口走ってしまいました。まぁ、その場に居た人達は優しい人ばかりだったので、別にお咎めなしで助かったのですけど、ほんと、本音を言えば猫の魅力のかなりの部分はその自由さというか、風来坊っぷりにもあると思います。 僕は小心者なんで、ウチの猫は完全室内飼いですけど、長崎の街中でフラフラしてる猫をみてると、これが本当の姿なんだろうなぁと、ウチの猫だって外をフラフラしたいんだろうなぁって、少し可哀想に思いました。  僕の家は大村ですけど、やはりご近所にも猫を飼ってる家がありまして、何匹かはウチの庭に来て、花壇を荒します。何回かやられると、流石に「おのれ~、見ておれ~」と怒りがこみ上げて来ますけど、文句まで言いに行った事はありません。 恋の季節になるとわざわざウチまで来て朝方までフャ~とうるさいですけど、幾ら寝不足になっても、やはり文句を言いに行く気分まではなりません。 だって、ねぇ、猫だもん。

長崎の古い街を歩けば、本当に猫が似合います。 僕は猫が嫌いですけど、猫がいる風景は少なくとも長崎では自然に見えるし、可愛い顔した奴が意外な場所からひょっこり顔でも出せば、ちょっと嬉しいというか、楽しいというか、少なくとも嫌な気分にはならないです。

迷路の様な長崎独特の坂の小路地は歩いて発見の小さな旅です。そして猫があんな所にも、此処にもと出くわして、どこか「じゃりんこチエ」の小鉄似の猫が居たりすると楽しい散策になります。
僕は猫カフェの事はよく解らないし、勿論行った事もないですけど、多分、猫カフェより楽しいんじゃないかと踏んで居ます。 

長崎市内は外部の人が車で観光に来ても走り難くて楽しくないと思います。ガイドブック片手にチンチン電車で移動がお勧めです。 解らない事があれば、切符の買い方でも何でも誰に聞いても優しく教えて呉れます。長崎の人は本当に親切ですので、安心して良いです。
そして、是非一日歩く心算でデジカメ持って観光して欲しい街です。 歩けば解ると思いますが、坂と迷路と史跡と猫と優しい人達が出迎えて呉れます。 歩いた人だけが堪能できる空間こそが長崎かな?と思いますよ。

そして、長崎楽しかったなと思い出して欲しいです。ついでに沢山居た猫も可愛かったと思い出して下さると嬉しい。  多分ですけど、そういう人が増えると、もっともっと良い街になるんじゃないかなぁと、呑気に考えました。





6位です。 有難う御座います。


スポンサーサイト

<<ご機嫌伺い。 | BLOG TOP | ゲロゲロパンチ。>>

comment

  1. 2011/01/25(火) 20:00:18 |
  2. URL |
  3. さるねこ父
  4. [ 編集 ]
「本当の姿」というのを、どのあたりまで遡るかですが、幕末期あたりの長崎の古写真を見ていると、街のそこここでのんびりとしたねこと出くわしたりしても様になるし、ねこが邪険にされたりすることも少なかったろうなあ、と夢想します。
翻って、今の長崎を見ると、建てづまりの家がぎっしり並んでトイレにする砂場もなく、数は増えすぎてあちこちでトラブルを引き起こし、ひとが持ち込んだ感染症も蔓延し、あげくに車にひかれるリスクなんてものまで出てくると、なかなか小鉄にばっかりなってもいられないんだろうなと思います。

  1. 2011/01/25(火) 21:39:04 |
  2. URL |
  3. マリンカ
  4. [ 編集 ]
はじめまして。
長崎に一度行って大好きになりました。
人が優しいですね。あたたかいです。
残念ながら猫の思い出はありません。猫、いたっけかな?(汗)
今度行くことがあれば、猫を探してみます。
ランクリバナーのイラスト、可愛いですね。
押していきます(笑)

  1. 2011/01/26(水) 17:40:16 |
  2. URL |
  3. ボズ
  4. [ 編集 ]
さるねこ父さまへ
こんばんは。
まぁ僕の個人的なゆるい感想ですかね。地域猫ってその土地が育む物語になったら良いのだけどと。
根底に愛がないと物語にはならない訳ですよ。 
イメージとしても港町と猫は既に出来上がってる構図だと思うんですね。
もしかして・・・と思うんです。 長崎、坂、猫、優しい人達と役者は揃っているんですけど、
皆さんにメリットが多いストーリーに仕上げる知恵と無邪気な楽観者の熱い心が上手くかみ合えば、此処だけにしかない地域猫が仕上がるかなぁ・・・綺麗過ぎかのぅ・・・
それと、引き返せない程もつれちゃったアツイ人達は、汚さをガッチリ隠す怨念みたいなもので、綺麗に仕上がらないものかしら知らん。 
どうであれ、パワーは活かさないと勿体無いニャ~。



マリンカさまへ
こんばんは。はじめまして、コメント有難う御座います。
ダックスとジャック・・・短足ラブですね。  僕も短足を嘆きつつラブです。

猫ですけど、見る目が要るんですよ。 よ~く、街中の微細を拾うと見える瞬間が来ます。多分。
不思議なんですけど、眼ができると猫ってこんなに居るものなのか?と驚く程見えて来ますよ。
慣れると空気の匂いで近くに居ると解ります。 でも、犬が居るとでて来ないかなぁ。

えへ、ポチは有難う御座います。
コメントとポチッと両方できる人は人格者に違いない。 
この際他の人はどうでも良いや、三分間マリンカさんだけの幸せをお祈りしときます。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。