ジャックラッセルテリア サクラと、 なんちゃって黒ラブ ワーブ  何だか迷惑掛けてます。

だいじょうぶだよ、サクラ。

.

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チープに微細を拾おう~食えるメバル釣り。

  1. 2011/03/12(土) 19:51:02|
  2. 釣りに行ったよ。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楽しみ切るのが自然への礼儀だと思っています。

最近経済が悪いせいなのか、海にも山にも格好の悪い「いなかっぺ」な人が増えました。
カク言う僕もいなかっぺ代表なんだけど、楽しむ事にかけては貪欲で清潔なんだなぁ。

爪楊枝を見てて、久しぶりにカラマン棒を作ってみようと思いました。
本当の釣り人は自分の部屋の中で釣りをスタートさせる楽しみを持つ人です。
はるか昔和歌山の加太でヨレヨレの爺さんに教わって、ああ、なる程とよく作ったものです。

今はプラスチック製の綺麗で安い奴を皆さん使うけど、こういう小物を作るのも釣りの大きな楽しみで、買うしか能がない人は残念だけど、僕の言ういなかっぺに片足突っ込んでますよ。

決してフィールドで店から買ったままのパッケージを空けてゴミを出す様な馬鹿な真似はしないのです。
もっと家の中でワクワク準備してからフィールドに行こうね。

爪楊枝が丁度良いもん。 二本取りしますよ~。 ゴム管に通し易い様に両端を削ってと・・・

カラマン棒を作る1

そのまま使っても構わんけど、強度、耐水を出す為に油で揚げちゃいますよ。

     カラマン棒を作る2

ちょっと美味そうな匂いがして来たら、出来上がりです。
あんまりやり過ぎは弱くなるから適当にやってね。 こんがりギャル肌色で良いと思うがのぅ。

           カラマン棒を作る3

ほ~ら、これで絡みトラブルなしの快適な仕掛けの出来上がり。
メバル用の飛ばし浮きは高くて馬鹿らしいから3ヶで¥200切る様な奴が売ってるからそれでヨロシイです。
上等な奴でも闇夜に投げまくるんだからロストあるし、磯とかぶつけると壊れるし・・・

それに比べるとカッターやらサンドペーパーとかで加工も出来るし、思いっきりどこかのぶつけてもへっちゃらなのが可愛い奴。

カラマン棒を作る4

こういう飛ばし浮き仕様の仕掛けはシーバスロッドなんかでも軽いリグを投げられるんだけど、そして最近実際良く海で見る風景なんだけど、ロッドだけはメバル専用使いましょう。 僕はもう結構昔の奴で3万位の奴使っています。 そのずっと前は管理釣り場用のウルトラライトのトラウトロッド使って居ました。

最近釣り具屋を覗いたのだけど、一万円を切る価格で性能の良い奴がゴロゴロしていましたよ。

ロッドも意外と簡単にできるから自作しても良いかも知れません。 まぁ、そういう微細を楽しむのがメバルの楽しみの大きな部分なんだから、それを無視して釣れれば良い的なスタイルは正直みっともないです。


GTRスタイルで板オモリで丁度良い感じに調節します。 ドリルで穴開けてオモリ入れても良いけど、まぁ、僕はこれが好きなの。 フカセとフライとルアーを足した感じが面白いです。

         カラマン棒を作る5

スローなアクションがセイゴちゃんなんかにもアピールするんでしょうか、このリグでやると結構大きいのが良く掛かるオマケがあります。 大村湾特有かいな?と思ってたのだけど、年末にペンギン水族館(長崎にはペンギン専門の水族館があるのだ!)近くでセイゴばかり連発したので、効くんでしょうね。



8位です。 有難う御座います。



スポンサーサイト

<<長崎は原発にうるさくて丁度良い。 | BLOG TOP | 最近の僕達。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。