ジャックラッセルテリア サクラと、 なんちゃって黒ラブ ワーブ  何だか迷惑掛けてます。

だいじょうぶだよ、サクラ。

.

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おじさんは食欲に悩んでおる。

  1. 2011/04/15(金) 14:57:09|
  2. 雑記、まさに分類不可
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
なんやかんや忙しい日々は過ぎてしまえばジェットコースター並みのスピードがある様で、元来ノンビリ屋さんの僕は多分世の中に巧く適応して居ない代表の良いサンプルだと痛感してしまいます。

ツタヤにBUMP OF CHICKEN借りに行ったのに「いきものがかり」を借りてしまいました。いい加減ですが、このいい加減なフラフラ加減が愛おしいです。元来楽しい消費とは目的外を周遊する事にあります。ささやかでも脱線は楽しい事なんでしょう。 また借りに行こうっと。

自分のカードは期限切れなんでカードある?と聞いて来るリンリンにカード渡すと暫くして戻って来て
「これ、トライアルのカードじゃん!」
て。暫く笑って誤魔化すけどアタマの中がおかしい。よく出来たマジックか詐欺に遭ったみたいです。
こういうのを世間では自作自演というのか。 この自演の不愉快さと不安な揺らぎ。

そういえば・・・

1. 部屋を出る時照明のスイッチが何処にあるのか思い出せなかった。

2. マクバ寄ってとリンリンに言われて「うん」と言ったけど本当は意味が解からなかった。(マックスバリュー)

3. ダイエットしようね!と約束した10分後にうどんを食べた。 アナゴ天(¥130)も追加した。

多分何かが壊れて行ってるのだと思います。 かなりのスピードで。

コイツがダイエットの敵だ。




元々地下街とかビルの中とか時々自分が何処に居るのか解からなくなります。仕事柄、色んな商業施設に行き過ぎたのが原因かも知れません。 その解からなさがダイナミックで、福岡?大阪?名古屋?という大きな区分で解からなくなります。  地下街とかビルの中だとか風景の断面が均一なのがいけないです。

映画館なんかで違う世界に行った後はその傾向が顕著で、時間にすると恐らくは長くて5~6秒なんだろうけど、宇宙規模で迷子な訳で、その不安感はなかなかのものです。

仕事で異動が多い人には僕と似た症状の人って居るんじゃないだろうかと睨んでいますが、朝起きた時に「此処は何処だ?」という感覚が暫くある人はあんまり居ない気がします。 目を開ける前に混乱の糸を手繰る時間は不安そのものです。 今はない実家の部屋とか何処かの旅館だったり、以前住んでいた借家、アパートだったり、グルグル、グルグル。 違う、違う、違うと追い掛けて、やっと現実に追い付いてお目覚めとなります。

深い眠りは死に近い気がして、ビビリの僕は普段は浅くしか眠れないのだけど、ビビッてばかりで疲れて時々死んだみたいに眠って迷子になります。


二年位前なんだけど、いきなりアタマの回転が悪くなって、物凄くショックで人に会うのが嫌になりました。
だって人に馬鹿と思われるのって嫌だもん。 でもまぁ、元々アタマ良い感じの印象でもない筈だし、三枚目路線が僕の本線だし、これからは謙虚に人様の言う事をハイハイ聞いて居れば良いのだと思い直して現在に至ってますけど、アタマの中はもうちょっと違うステージに進んだみたいです。

人はまるで滅びるのが目的の様に急激に細胞を失って行くんだと実感して居ります。
この寂寥感にずっと耐える訳? 何処までもキビシイのぅこの世界は。





ああ、コノシロ食べたい。(自分で釣って)

ここ最近は釣れなくなったスズキを狙ってるものだからお土産がないです。あんまり釣れないからチヌでも良いやとポッパー投げまくるけど活性低くて一回モワッと出て終わり。 
メバルやセイゴ(スズキの子)で妥協しようか・・・と悪魔が囁くが折れないもん。

じっくり見るな!




先日は深場も視野に入れてバイブレーション投げまくったけどこれもノーバイト。
居ないって事ないと思うけどベイトがのぅ・・・
西海橋まで行きたい気もするけど一度行けばもうタガが外れて通い詰める事間違いなしだから怖い。あそこはルアーのロストが半端ないからお金持ちが行く所だと思う。面白いのはわかるけど。

そんなこんなで一転して釣れない事ばかりしています。 ガソリン使わないって決めたからなぁ。


最近感心したのは海苔やらワカメを採ってる爺さん婆さんによく会う事です。
う~ん、大村でワカメ採るか?食うか?と思うけど、結局人間は自然から物を頂いて生きている訳で、いかにも何かに汚染されてるっぽい大村ワカメであっても其処に住んで死ぬ覚悟がある奴は食うんだと気が付いた次第です。

「味はどうですか?」と聞けば、「いや、普通に美味しい」と言う答えでした。
上手く言えないけど妙な感動しちゃった。 

徒労を得る為だけのキャスティングも詩人っぽくて悪くないのだけど、不調、不毛の蓄積は暗い影になって今では僕の一番のお友達です。 ここは一発大村ワカメ食おうかな。


7位です。 有難う御座います。



スポンサーサイト

<<OだとかMだとか如何に安くリグを作るのか。 | BLOG TOP | 時々悩むのはイイ事なんだろう。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。