ジャックラッセルテリア サクラと、 なんちゃって黒ラブ ワーブ  何だか迷惑掛けてます。

だいじょうぶだよ、サクラ。

.

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わる時はいつなんだ?

  1. 2011/08/08(月) 00:49:11|
  2. 4コマ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

色々反省して大きくなったワーブなの

そこで提案だけど・・・1


そこで提案だけど・・・2


そこで提案だけど・・・3


そこで提案だけど・・・4
犬的半分コ・・・ あんまり問題ないかも知れない。


色々と考えないとイカン8月が来ました。

自分こそが偉いと信じる誰かが、制度としての民主主義を旗印に、チョー適当に地図に線を引っ張ってチュウチュウと甘い汁を吸うだけ吸って、個の世界が終わればそれまでさ!という刹那の競演にも限界が来た感がある今年の夏です。

かくいう僕も実はこの世界が良く判って居ない代表ではあるのだけど、自分の頭で考えろ!と何か切迫したモノが苛立たしげにノックし続ける音は聞こえているのです。


上手く書けないのだけどこう考えた。
勿論世界はイエスとノーだけで構成されている訳じゃなくて、むしろその中間という事で上手く行ってるのだと思う。そして僕等はその中間というものに慣らされて生きて来た訳。 あんまり慣れてしまって、考えるという事を忘れてしまった。だから、元々は苦肉の磨かれた中間であったものが、何時の瞬間からか知らないけれど、「うやむや」というものに変質したのだと思う。

そんな事はとっくの昔にみんな解っていましたが、それでも上手く行けば良いじゃないかと訳知りのオトナのふりしていたのだと思うのだけど、流石に長い年月うやむやを蓄積した結果、ナンもかんもバラバラと崩壊しだしたのが今だと思う。  勿論イエスとノーだけではないという事は重ねる。

それでもちゃんと考えて来なかった後悔があると思う。
そうなった原因はある。主因は乱暴に言ってしまうと、農耕民族の敗戦なんだと思う。



上手く書けないのである夜の事を書く事にします。

行き場のない犬、猫ってなんとかならんか? 命を繋ぐ事はできないか?とお祭り会場の片隅で二日間資金集めのフリマをしました。結果は上々で、きつかったけど楽しい二日間でした。 もうそろそろ御仕舞いの準備をして、スタッフの皆さんと感謝し合い、軽くミーティングして帰るか・・・という時に事件は起きます。

二匹の仔猫が入ったダンボールを持ったお父さんと小学校の娘さんと言った感じの親子が現れました。
僕からはダンボールしか見えなかったけど、瞬間察知して「来るな!」と両手でサインを送ったが、彼等は僕等を目指して来たのは間違いない事でした。

事情を聴くとお祭りに来て拾ってしまったとの事。 見れば僕の推定では生後10日前後です。仔猫は本当に厄介です。せめてもう少し母親に世話をさせれば全て上手く行く可能性があるものを、飼うのも勝手、産ませるのも勝手、捨てるのも勝手ではお話のスタートラインにも立てないです。

僕等は馬鹿に見えるのを承知でこうして看板まで出しているのに、一言相談呉れれば良いのに・・・と無力感で一杯になりました。  こうやって順番が違う事態に直面すると、普段偉そうな僕等は途端に全員涙目でオロオロになりました。 たった二匹の仔猫でキツイ現実に引き戻されます。

さて、現実問題として夜中も関係なしの二時間おきくらいにミルクをやり、排泄させてという事がデキルのか?という事です。そして実際その様にして飼育した経験があるのはその場では僕一人でした。  頭を抱えて僕がその夜その場で出した答えはノーでした。  ノーと言いながら何か道はないか?と考え続けました。

そして結果を言うと、僕はとても格好悪くてみんなは納得しない悪い方法だけど命を繋ぐ方向を選びました。
だからその仔猫は今生きています。 つまり、僕はイエスとノーの中間を取ったのだけど、それが「うやむや」なのか?と言われると、大声でノーと言える訳です。

考えて出した答えは例え一見「うやむや」に見えようが、その場に居た皆さんのココロにクサビがある以上、これは「うやむや」なんかと大きく違うんだという事です。


だから上手く書けないのだけど、こう考えた。
原発だって、仔猫ちゃんだって、諫早干拓貯水池の開門だって、なんやらダムだって、なんか嘘つくのが嫌なら、ちゃんと自分の頭で考えれば良い。 わかんない事は家族で話し合ってもいいじゃないか。
場合によってはきちんとイエスとかノーとか言った方がいいんじゃないか?

いちどそういうプロセスを経たものであれば、それがやっぱり中間的な一見腰抜けなものであっても、うやむやなんかじゃないと言えれば、それだけで随分とスッキリするし、積み上げるものがあっても疑心暗鬼からはサヨナラできるんじゃないかと考えた。


12位です。 有難う御座います。


スポンサーサイト

<<貧果だが感謝しようね。 | BLOG TOP | 難儀スパイラル>>

comment

管理人のみ閲覧できます

  1. 2011/08/29(月) 20:49:30 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

自宅が犬服教室になる!

  1. 2011/08/09(火) 08:54:53 |
  2. 手作り犬服教室
自宅で家庭用ミシンでも作れる「犬服の作り方」を知りたくありませんか?手作り犬服の作り方を自宅で学べるDVD教材!人気犬服ショップの犬服デザイナーが、わかりやすく犬服を作る方法をお教えします。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。